GTOのブログ『学び合い』

福岡市の小学校で『学び合い』を実践しています。

『学び合い』で目指すものって

 アクティブラーニングの話を聞いてから、いろいろ想像をしていました。

 

例えば

「GTOさんは、何でアクティブラーニングしているのですか?」と聞かれたらどうしようかなって。

 

「アクティブ・ラーニングをしているという実感はありません。学級のすべての子どもたちが分かる授業を目指しているだけです。子どもたちが自由に動きまわっているのは、分かる授業をする上で欠かせないと思います。座っていたら必要な時に話せません。もちろん、話し合いも必要ならするし、必要なければする。で分がいくら考えてもわからなければ、人に聞くし、どうしてもわからない人がいたら、声をかけて教えたり、一緒に考えたりする。そんな感じです。少人数のグループでもいいのではと思いますが、もしかしたらそのグループでは聞けないかもしれないし、教えるべき子は、そのグループにいないかもしれない。グループ以外の子と関わる必要がある子もいますので、自由に動き回れるようにしています。

そもそもアクティブラーニングが目指しているのって、10年後、20年後の日本の社会で子どもたちが大人になったときに、生きていくための力を育むことを目指しているんですよね。先行きが分からない時代にどんな力が必要なのか知り、その力がつくような授業や学校生活をつくっていくような試みが必要だと思います。

もちろん、すべての子どもがそのような時代に合わせた力をつけて、日本の世の中を支えていってもらえたらベストです。しかし、「すべて」の子がそんな力つけられるのでしょうか。私は、このような力を「すべて」の子がつけられるとは思いませんし、国も「すべて」に求めてないと思います。未来に生きている力をつけられるのは、ほんの一部だと思うんです。

半ば脅し文句のように、教育機関から「将来いろいろ変わる。そのための準備を」と謳っていて、その流れにのって今からしっかり投資を行っている親も多いと思います。しかし、それがすべての家庭でかなうのかといえば、そうではないと思います。

また、10年後、20年後、しっかり準備をしていきた子たちが社会に生き残って、準備をしてきてない子が社会からドロップアウトしたとき「ほら、準備をしてないからだ」って、切り捨てる社会でいいのだろうかって思うんです。

 

次の未来を切り開いていく人材は絶対必要です。育てる必要があると思います。

そのためのアクティブ・ラーニングだと思います。

でも私はちょっと違うんです。

そんな切り開いていく側の人間と、落ちおぼれていく人間がいて、それぞれが自己責任じゃなくって「ねえ、大丈夫?」って言えたり、「助けてよ」って言える社会であってほしいなと思います。

だって、自分が動けなくなった時に誰も助けてくれないって、さびしくないですか。

いくら社会でうまくいってたとしても、誰しもがそんな状態に陥るかもしれないんですよ。「大丈夫か。今度は俺が助ける番だよ、この前助けてもらったからな」と言えるような関係だったらいいなって思うんです。

 

『学び合い』が目指しているものって、こういうことなんじゃないかなって思います。

もちろん、学習指導要領だったり、アクティブラーニングだったりを蔑ろにしているわけじゃないですよ。でも方向性がかなり違うと思うんですよね。先にも言いましたが、

「アクティブラーニングをしている感覚はありません」というのはまさにそこです。

 

今日もバケツの水をひっくり返してしまう子がいました。すると、子どもたちが駆け寄ってきて、みんなでふいていました。私が目指す姿って、そういうことだと思うんですよね。」

 

 

と話すかな。

相性だってあるし、ペースもある。

課題がなかなか進まない子。

分からなかったり、やる気がなかったり、何事にも自分のペースがあったり…

いろいろあるんだろうなあと思います。

 

課題が進まない姿だけを見て「~するよ!」と思わず言いたくなるのは私が

まだまだ足りていないところです。

よくよく観察したり、話を聞いてみると進まないだけの理由があったりする。

 

そして、関わる子でも違ってくることもある。

なぜか一緒にいるとすごく進む子がいたりします。

応援したわけでもなく、教えたわけでもなく。

 

一緒に話をしているだけで進む。

ちょっと笑い話をしながらの方がすすむ。

不思議だなあって思います。

 

やっぱり子ども同士の方がいいよなって、思いますね。

あらら

子どもたちが帰りの会で、注意報告するようになりました。

 

すると思っていたように仕返し報告をするように。あああ、これはちゃんと教えないとなあ。

 

そもそも、褒めることよりも注意が多いんだろうな、担任。

 

今日子どもたちに話そう。

1週間の目標を

発達障害の子の声かけの本を読みながら、子供達への声かけの仕方をもう一度見直しました。

 

発達障害とありますが、これはどの子どもたちにも適用できるものであり、特に低学年の子たちにはより有効だと考えています。

 

例えば、時間を守れない子に対して、

「なんで守れないんだ!」と言うのではなく

絵を見せながら、「時計がここに来るまでに座ってね」と声をかけ、できたら褒める。

 

小さなことに見えて、意識してやらないと私にはできないことでした。

以前よりもかなりできるようになったと思いますが、見直してみるといくつかできてない点が。

 

今週は、そのあたりを意識して過ごしたいと思います。

 

土曜日は

土曜日は、次の単元の学習プリントを用意していました。単元まとめて作るので、準備に時間がかかりますが、授業中には余裕が生まれます。

 

朝、指導書を開いて、どんな授業をするか考えたり、前日に次の日の準備をするようなことはありません。

授業中に、あれこれ指示したり、注意したりする必要もありません。

 

ただまあ、この準備が勤務時間内にできたらいいんだけどなあ。なかなか難しい。

結局土日になってしまいます。

 

職員室からふと運動場の方を見ると、クラスの子達がシートをひいて遠足気分で遊んでいました。ちょっと声をかけると、寄ってきていろいろ話しました。

 

ああ、一年ももうすぐ終わり。

単元まとめて作ると、見通しが立つので、あと少しだなぁ。とより思います。

実感

最近、ずっと悩みだったことが、少しずつ改善されているのを感じます。

 

毎日寝る前に振り返りをしながら、その日の自分の振る舞いで良かったことをノートに書くようにしています。すると、少しずつ子どもたちへの振る舞いが変わってきたように思います。

 

笑顔を見せるところ、淡々と話すところ、少しだけ厳しく言うところ…

落ち着いて切り替えられるようになったと思います。

注意を繰り返してイライラすることが格段に減りました。

 

本当に教師として、レベルの低い成長の実感なんですが、私にはもっとも必要なことだったので、試行錯誤の上、自分に合った方法を見つけました。

 

ああ、もっと早くにできるようになったら良かったのにな…。

 

 

こんなに大変なのね

一時間だけですが、がっつり一斉授業をしました。主事たちが授業見学に来たからです。

そんな日も『学び合い』と言いたいところですが、やめときました。無用な軋轢は避けたい。

 

がっつり一斉授業といっても、子どもたちの活動の多い授業。楽しく学習できたのではないかと思います。

 

それにしても一斉授業は大変。

教師の話す量がとても多い。

特に「~しましょう」という指示。

活動させて、止めて、活動させて…。

すべて教師側でコントロールします。

早く進む子と時間のかかる子の時間調整は結構大変です。

子どもたちからしたら、ちょうど熱中している時に止められるし、全然うまくいかないのに時間ぎれ。ってことも。

個人作業、ペアワーク、グループワークと取り入れましたが、ずっとそんな感じでした。

 

これを毎日何時間もできないなあ。

昔はよくやってたものだ。

「はいどうぞ」に慣れると、こんなに大変なのね、と思いました。