読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

運動会

前任校の運動会に行きました。

 

テントだらけ。

 

保護者の様子を見ていたら、

当たり前だけど、我が子の登場の時に

様子を見にいって、ビデオをまわし、

昼ごはん一緒にたべて

一日を過ごす。

大変そうだな。

 

子どもたちも暑い中ずっと、座ったまま。

教師は一生懸命子どもたちを動かし、

走り回る。

 

みんな疲れまくりの運動会。

なんかもうしなくていいんじゃないの、運動会って思ってしまったのは私だけ?

 

個別支援

低学年って個々の能力にかなりの差があるように感じます。特に、作業効率や話を理解する能力の差は、学校生活や授業に大きな影響を与えるように思います。

 

『学び合い』の考え方でいえば、なんらかの話をした時に、集団の2割に伝わればよく、その2割の子が、その他の子たちを動かしていくのですが、何しろそれだとかなりの時間がかかります。

 

まだ『学び合い』がたいして実践できておらず、教師主導の状態なので、あえて腹くくって、個別支援することもあります。

どうしても時間に制約があるときや、心を落ち着けるためにせざるをえないときもあります。

 

ただまあ、あくまでそれは教師の都合の支援であって、その子達に本当に必要かはわかりません。そして、教師の支援によって招かれるリスクも考えられます。

 

あれこれ考えないで、これは正しい!って勘違いしていた頃は楽だった。今はいつも迷う。

本当にこれでいいのか?って。

 

 

できるかぎり

ある子に、

「できるかぎりしようか」と言ったら、

「?」と顔された。

 

子どもたちに

アサガオを土ごとすくって、牛乳パックに入れてね」

と言うと、根っこごと引っこ抜いている子たちがたくさん。

 

うん、子どもに教師の言葉って通じてないんだね。。こんなので一斉授業して本当に成り立つのかしら。。

 

子どもは子ども同士の言葉がわかるんだろうなぁ。

想いを伝えること

今日は昨日発行した学級通信への反応が何件かありました。そのお便りでは最近のわたしが迷い、悩んでいたことを書きました。

 

本当は、そんなつもりじゃないのに、

つい注意したり、説教したりする自分。

それに罪悪感を感じ、反省するも、変わらない葛藤。そんなことをお便りで書くなんて甘いかもしれませんが、変に格好つけないで、私の正直な気持ちを書きました。

 

予想していませんでしたが、共感してもらえる保護者の方がいたようです。みなさん、子育てにいろいろな悩みを持っているようです。

 

どんな通信でも、読んでくれる保護者がいて、

広げてくれる方がいる。肯定的に受けて止めてくれる方がいる。そういう存在を大切にしていきたいと改めて思いました。

 

あーあ

今日はよくなかった。

いや途中まではよかった。

 

あらかじめ、「こんなもんだろう」と低めに目標を設定しておけば、慌てることはなかった。

 

やはり人は心がけ次第で変われるはず。

明日も頑張ろう。

 

受け入れる

子どものすることをすぐに注意するのではなくて、受け入れるようにした。

 

集団としての動きはかなり遅くなってしまうけど、時間をかけるようにした。

 

どうしても言わなければいけないことは個別に対応。

 

基本的なことなんだろうけど、自分にできていなかったこと。

 

ふと何でこの子は時間を守れないのか考えたら、時計を見て、あと何分という概念がないことに気づいた。

 

ああ、結局大人側の問題でした。

 

明日も頑張ろう

分かる

課題を「分かる」にしても、

何が「分かる」のか分からないのであれば

意味がない。

 

でも、進歩はしてる。

何がいいか、伝えることができているはず。

ここは粘りどころ