読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

いろんな先生

いろんな大人に出会ったらいい。

子どもだったらいろんな先生に出会ったらいい。

 

感覚も経験も教えることも違うだろう。

だからいい。

 

子どもの前で涙できる先生

子どもと関わることの難しさを感じ、悩みつつも関わり方をよりよくしていく先生。

面白いこと、楽しいことができる先生。

 

いろんな先生からいろんなことを学べたらいい。

 

でも残念ながら、そんな先生たちの「らしさ」を受け入れられる子どもたちばかりではない。

 

『学び合い』がもっと広がれば、

先生たちの「らしさ」をもっと出せるし、

子どもたちも受け入れられるのではないかと

思う。

 

残念だなぁ。

もったいない。

その感覚ね

おそらく子どもってのは、

メタ認知能力に差があるんだろうと思う。

善悪の判断に差があるんだろうと思う。

それを磨いていくためには

集団の力が必要で、

集団の力が弱いと、それらが育たない。

 

教師にできることではない。

教師ならこう言う。

「何でわかんないの?」

教師は子どものわからないことがわからない。

子どもも、何がわからないのかわからない。

 

 

おい、今それしたらいけないよ。

へーそうなんだ。

 

その繰り返しが子どもを育てる

 

思いつき

「おはようございます。お願いします。失礼します」が言えたら、だいたいやっていける。

「大丈夫ですか?」が言えたら、救われる人がいる。

「一緒にしようか」が言えたら、幸せになる人がいる。

 

なんかそんな言葉を聞いたような、そうでないうな。。

単元丸ごと

『学び合い』をしていると、早めに終わった子が増えてきて、終わっていない子に集まることがよくあります。

 

私も始めた頃、よくそんな状態になりました。

そして、これが結構つらい。

子どもによっては、「みんなが集まってくる」とプレッシャーを受ける子、最後の1人と落ち込む子がいます。

 

そして周りの子達にも悪意はない。

中には手持ち無沙汰で、遊び出す子もいます。

 

そうならないためのテクニックの一つが、

「単元まるごと課題を出す」

です。

 

これをすれば、

集まることがなくなります。

予習をしてくる子も出ます。

 

詳しくは「『学び合い』ステップアップ」にのってます。でも私ははじめ、これができませんでした。

 

やはり『学び合い』はだんだん、分かってくることがあるんでしょうね。

だから、ステップアップに書いていることを少しずつチャレンジしていくとよいと思います。

教師は鏡

子どもたちの姿は

私の1年間の姿でもあります。

 

指示が多すぎたかなあ。

してあげてしまうことが多かったかなあ。

任せきれなかったかなあ。

 

いろんなことを考えながら過ごしています。

なぜなのか

今日は自分の言動をコントロールすることができた方だと思います。

 

無視する時は無視、

絶対にとめるべきは止める。

 

まあ、いくつかうまくいかないこともあったけど。。自分の行動を分析して、子どもがどのように反応するのか考えました。

 

でもねぇ、

なぜなのか分からないこともたくさんあるんです。最近よく考えます

明日から

目標は、

 

好ましい行動をほめて

好ましくないことを無視して

絶対によくない行動はリミットセッティング

 

応用行動分析学の観点だったかな。

 

 

でもまあ、あくまでこれは教師主体だということ。教師の評価しかない。それは心に留めておきたい。