GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

花見

今日は校舎内で花見をしながら、昼食をとりました。

 

暖かくてのんびりしていて、いいなと思います。

 

仕事はたくさんあるけど、こういうことは大事にしたいですね。

 

さあ、あと少しで子どもたちがやってきます。

新年度スタート

新年度がいよいよ始まりました。

新しく異動してきた方達と仕事をはじめます。

 

一年に一回の出来事ですが、やはりワクワクします。

 

今日おっと思ったことは、

昨年まであまり主張を控えていた校長先生が、

いくつか具体的方針を述べたこと。

昨年は様子を見るというか、1年間よく学校のことを見てから判断しようと考えていたんだな思いました。

どれも自分の考えに近いものがあったので、

余計に好感を感じました。

やはり、校長先生の「やりましょう」は大きい。

 

さて、私はいろいろと大事な仕事を任されることになりました。

 

今年も頑張ろうと思います!

 

草野球

久しぶり所属している草野球チームに参加しました。忙しさに余裕がなくて、最近全然顔を出していませんでした。

 

勤めはじめてから入ったチームなので、もう8年目になります。ここでの自分のキャラクターは職場とも、友人とも家族とも違います。

 

それが今では貴重に感じます。

いつもいつも、「先生」でいる私にとって、

「先生」としてではなく、単なる野球好きとしていられます。

 

体を動かすのも自分からしないと減っていくので、改めてありがたいなあと思います。

 

さて、今年は余裕を持って参加できるようにしたい!そう思えました。

4月1日

エイプリルフールのことではなく、

人事異動が新聞などで公表される日のことです。

 

ここ数年は、目を通すようにしています。

単純に経歴が増して、知り合いが増えたからです。

「あーあの先生、この学校に行ったんだ」みたいな楽しみがあります。

 

ふと、「退職」の欄に、知った方の名前がありました。

私が、はじめて教員として勤めた時にお世話になった教頭先生です。

 

授業の仕方、子どもたちへの関わり方、お酒のつぎかたまで、

教えてもらいました。今でもその時教わったことが、基礎になっています。

 

「先生のよさはね、素直なことだ」

何度も繰り返し私にそう言ってくださいました。

自分ではそう思っていなかったけど、「そうなのかも」と自信になりました。

もしかしたら、そのように子どもに関わるんだよ、と教えてくれていたのかも

しれません。

 

当時の私は、今考えると恥ずかしいことばかりしていました。

そんな私を否定せず、導いてくれたから、今があると思います。

 

今でも私は、恩師だと思っています。

退職のことを今頃知ったのは遅かったかもしれませんが、

手紙でも書いてみたいと思います。

 

 

 

 

同窓会ふたたび

中学生になった教え子たちとまた会いました。

 

相変わらず、話題についていけない。

 

そういうお年頃なのね。

 

ああ、でも何でまあ、私が中学生の頃と変わっていないことばかりなんだろう。

 

校則を守れだとか、高校受験だとか…。

 

時代は変わっているはずなのになあ。

教育技術

教育技術という本があります。

各学年ごとに毎月発行されます。

先生たちのバイブルみたいなものです。

 

4月になって、先生たちの多くがこの本を買って勉強します。私も初任の頃買いました。

でも最近は買ってません。

 

買いてあることのだいたいはわかるからです。

そしてこの「だいたいわかる」が教員にとって危険です。

 

教員としての成長はストップするでしょう。

 

ならどうするか。

 

新たな技術を手に入れる。

周りの先輩に聞く。

マインドを高める。

 

私は技術よりも後の二つを大事にすべきだと考えているので、もう教育技術は読みませんが、

だからといって不要というわけではありません。

 

ただ、技術ばかりを得ようとすると、残りの2つがおろそかになることを経験したので、気をつけています。

 

 

 

 

お別れ

異動、退職する先生方とお別れがありました。

 

いい職場だったんだなと思います。

 

職員室が暖かくないと、子どものためとか言ってられない。

 

教室もそうだなあ。

 

さあ、新しい一年が始まろうとしています。