GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

『成果をあげて5時に帰る教師の仕事術』備忘録

岩瀬直樹先生の『成果を上げて5時に帰る教師の仕事術』を昨日の

サークルで話題になっていたので、読みました。

日曜日に読んだら、すぐに備忘録などにしておかないと、平日読むことはほとんどないのでまとめておきたいと思います。ほとんどメモですが…。

 

ちなみに岩瀬先生の著書はほかにも読みましたが、どれも温かくていい本です。

 

さて、備忘録↓メモ

・授業のノートはスタンプを押すけど、コメントは書かない。コメントしたいことは

 口頭で伝える。

・前の週の金曜日に来週1週間のTODOを作る。思いつく限りの仕事をすべて書き出

 す。

・明日できることは今日やらない。

・5分以内で終わる仕事はその場でやってしまう。

・急な休みの時のために、自習プリントセットを常備しておく。

・月に一万円は児童書を買う。

・自分は何のために働いているのか。もっと日常の一つひとつの幸せを大切にしよう。

・帰る時間を決めてしまう。その時間で仕事をする。

・8割主義で完璧をめざさない。

・残業デーを決める。

・学級通信は子どもへの朝の話のイメージ

・ふりかえりジャーナル

①書き終わった子から提出しにくる。

②その場で読んでコメントする。

③ハイタッチ。

④放課後全体を読んで

⑤2、3か所に線を引いて共感的なコメント

・子どもたちのために、いろいろやってあげるのが、先生の仕事と思いがちだけど、

それは「自分がやらなくても自分の周りの環境は自動的に整っていく」「やらないで当たり前」ということになってしまう。

・子ども自身が自分でやりたいと思ったことを、自分でやれるようになること

 自分の環境を自分でよりよくしていけること が先生の仕事

・一日2電話作戦

・一筆箋

・「一人でがんばる」から「チームでがんばる」へ