読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

火をつける

教室のできごと

f:id:f-manabiai:20160217002847j:plain

 

 

【子どもたちのやる気に火をつける】

 

あれ?なんか子どもたちの様子がちがうなあ。

課題は達成できそうなんだけど、なんかのんびりしている。

 

むだな話をしているわけではないんだけど、

なんかちがう。

ただ、課題に対して機械的に取り組んでいる感じ。

 

「うーん、子どもたちにどんな言葉かけをすればいいんだろう」

叱ることでもないし、怒ることでもない。でもこのままじゃいけない。

 

「このままじゃいけないんじゃないの?」という話をしました。

ちょっと熱をこめて。

 

子どもたちは真剣に聞いてくれていました。

いや、これは私の感覚なのですが、

「真剣」に伝わっているときは空気感が少しちがいます。

 

後半の子どもたちの活動は、ずいぶん変わりました。

よく考え、課題も理解していました。

 

人間ですから、

人間たちの集まりですから、

おなじやる気でいるのは難しいかもしれません。

 

そこに火をつけるのは、教師の役割なのかなと思います。

もちろん、火がついた後の子どもたちは、自分の思っている以上の動きを見せてくれるので、また私の火もつきます。

 

このクラスもあと一か月。

少し寂しい気持ちになってもきました。