読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

最後の日

今日は1年間の最後の日でした。

 

修了式、離退任式があり、お別れの時間です。

 

子どもたちに一言ずつ、今の気持ちを話してもらいました。

恥ずかしいのか、どうかわかりませんが、さっさと進んでいきます。

そんなに心もこもっていない感じでした。

 

私の予定では、ここで自分の気持ちを子どもたちがじっくり話して、

時間が終わりと思っていたのですが、

 

あまりにも淡々と進んでしまうので、時間が余ってしまいました。

 

じゃあ、一年間の思い出でも話そうかなと思って、黒板に4月、5月…と書いてその時の思い出を話していきました。

 

すると、子どもたちが一人、また一人とすすり泣きをはじめます。

 

私は、自分の思い出を語るように、話をつづけました。

そのうち、声をあげて泣く子も出てきました。

 

泣かせるつもりで話したわけではなかったので、話している自分が驚いてしまいましたが、子どもたちのことを見ていると、胸が熱くなりました。

 

「ああ、この子たちはいい一年間を過ごすことができたのかな」と思えました。

 

もちろん中には淡々と話しを聞いている子もいますし、

「あー泣いているよ~」みたいに冷やかし半分で周りをキョロキョロしている子もいます。恥ずかしいのか、無理やり声を出している子もいます。

 

まあ、そんな感じなのもいいかなと思いました。

「全員が泣いた」なんて聞こえはいいけど、子どもたちの感じ方ってそれぞれですから、いろんな子がいてもいいのかな、と改めて思いました。このクラスに思い入れを強く持っている子もいれば、なんとなくの子もいたっていいと思います。

 

 

「この気持ちを大切にしてね。それはきっとこれからの学校生活の宝物になるはずだから。そして、この仲間とともに、これからも頑張ってね。先生は君たちの担任でとてもよかったです。」ということを話しました。

 

もう子どもたちの耳に入っていたかはわかりません。

泣き声と、それを見て反応する声が入り乱れていたので。

 

その後、

「さようなら」の言葉で教室を出ていく子どもたち。

『学び合い』のクラスの一年間が終わりました。