読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

教育と医療

今日は『学び合い』の会で、お医者さんとお話しをする機会がありました。

以下、雑記。

 

医学の世界では一本の理論が通っていて、それ以外にはない(聞き間違えているかもしれない)その理論は実証的データ(エビデンス)によるものであり、医者ごとに変わることではない。医者ごとに違うのはさじ加減だ。

 

『学び合い』の手引きに書かれていることは、その先生曰く「論理的」であり、データに基づくものだ。とのこと。これは非常に面白いと思った。おそらく、お医者さんにとっては、自然なことなのだろう。

 

医学の世界で、ケーススタディは非常に客観性の低いものだということ。

だから、その先生は講演などをしない、という。確かに自分のしたことで10人がうまくいったとしても、それが客観的なデータだとは言えないからだ。

しかし、学校現場はほとんどがケーススタディだ。

ひどい場合は、そのケーススタディが悪い方向に向かうこともある。

また、○○実践というものも、ケーススタディに近いだろう。

 

非常に興味を持つ内容だった。

そういえば、学校のテーマの分析も「数値データで」という指示があるけど、

あんまりそれにこだわりを持っていない人が多い。たいてい、自分の都合のいい、子どものノートやプリントをもとに分析を行う。そういう文化だから、実証的データというものになじみにくい面があるんだと思う。

 

ああ、教師の常識は科学の世界では非常識。

なのかもしれないですね。