読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

明日の語り

2学期が終わるまであと3週間になりました。

そろそろ冬休みが近づいてきて、何となく、みんなが落ち着かない感じになってきます。これはどこのクラスも同じです。

 

この3週間、教科書の内容が終わり、復習や自習の時間が多くなると思います。

はやい人はドリルなどが終わる人もいるでしょう。

先日、「はやく終わった人は宿題しなくていいですか」と言われました。

先生は、早く終わらせたら何もしないでいいと思ってません。

早く終わらせて、楽をしたい。その気持ちは分かりますし、それが計画のうちならそれでいいです。お家でどうぞその分ゆっくりしてください。

 

ただし、せっかく学校に来るんですから、意味ある時間、成長する時間にしてほしいと思います。

 

どうすれば、意味ある時間にすることができるか。

それは、目標をもつこと、ふりかえりをすることだと思います。

だから、これから毎週頭に自分の目標を決めて、一日のふりかえりをしてほしいです。

やることが増えるわけではありません。ただ記録をつけるだけです。

また、この前の読書調査で分かったのですが、このクラスは本を読む量が少ないと思います。だから、お話の本をもう少しふれてほしいです。それも記録に書いてほしいと思います。

 

さて、もう一つは、先生が真顔になるということです。

確かに、そんなにニコニコしているタイプではないので、考え事をしている時は

真顔になることは多いですが、「嫌だな~」って思う時に真顔になることはあります。

それは4つあります。

「朝、あいさつがないこと」

「授業の間の時間」

「給食の待ち時間」

「帰りの準備の時間」

先生はなるべく、君たち自身に気づいてほしくて、黙ってますが、

本当はいろいろ言いたくて仕方ありません。だから真顔になっているんだと思います。

何がいいたいか。それは「自分をコントロールできませんか」

ということです。

理科の授業もそうですが、君たちがしゃべるのは、自覚が足りないからだと思います。

周りに声をかけて気づくのは、いいですが、せめて自分で気づいてほしいと思います。

 

さっき言ったように、これから自習が増えます。

同じように、好きなことをされたら私は嫌ですし、その時間は無駄になります。

休み時間はどうぞ、お話ししたらいい。放課後どうぞ話してください。

しかし、学校にいる間はもう少し意味ある時間にしたいと思います。

 

これで先生の話は終わりです。

プリントを配りますのではってください。