GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

視点を変えて

改めて、『学び合い』の基本にかえってみる。

 

『学び合い』における教師の「褒める」は「可視化」だと考えています。

 

「この教師は何を『よい』と考えているのか」子どもたちに気付いてもらうためです。

目標にも近いのかもしれません。

 

しかし、これは気をつけなければならないことがあって、

個をほめていると、ムラがでること。

だから集団をほめるようにすることが肝心です。

 

もう一点は「感謝、感動を伝える」ことです。

これはテクニックでもない気がします。

本当にそう思っていないと子どもに見透かされるから。

 

やはり思うことは「こうなってほしい」と思うことの7割くらいが見られたら、

肯定的にかかわる必要があると思います。ほめるかもしれないし、感謝かもしれない。

こう分かっていて、何度も失敗してきているんですけどね。