読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GTOのブログ 『学び合い』でアクティブラーニング

GTO(ガングロティーチャーオオニシ)のブログです。小学校で『学び合い』によるアクティブ・ラーニングを実践しています。

卒業式

教室の出来事

今日は卒業式。

 今年1年間を表した一日だった。

 

自分が想い描いているクラス像は、あくまで自分の価値観によるものであって、すべての子がそれを受け入れるわけではないということ。

 

中にはその理想とはかけ離れた言動をする子たちがいて、雰囲気を作ることもできないし、壊したりするけど、本人に悪気はまるでないし、

そもそも、その理想が何なのかわからないのだと思う。

 

だから式か始まる前に、服装のことで舞い上がってしまうし、終わったあと、春休みの話や昼食の話で盛り上がる。

 

さすがに収集がつかなくなるので、その言動をやめてくれ、と指摘しても、それがなぜなのか分からないから、続けてしまう。おそらくしんみりするだろうと思われる場面でも笑うし、近くとコソコソしゃべってしまう。

 

1年間で課題としてきたことが、そのまま表れた感じ。でもその課題を課題と考えているのは、私と一部の子であって、その子たちにとっては何のことなのか、結局1年間分からなかったんだろう。私も諦めずに懸命に語り続けてきた。おそらく少しは響いた面はあるとは思うし、初めの頃よりはだいぶ変わったと思うが、結局こんなものかなーという感じでした。

 

でも、ちゃんと雰囲気つくれる子、

しんみりする場面に応える子、

私にわざわざ挨拶に来たり、写真を撮りに来る子もたくさんいた。

 

そういう子達は普段から私の理想のクラスが、自分たちにとってプラスであることを知っていて、何をすれば考え続けてきた子達。

 

だから、卒業式の日に感動できる。一生懸命、クラスを大事にして、クラスの仲間を大事にしてきたから。

 

そういう子達もいるということ。

つまり子どもは多様だということを改めて知った。

 

でもねぇ、

やっぱり、自分の理想とするクラスをつくりたいなあ。そのためにはまだまだ私の成長が必要みたいです。