GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

教育の限界

今日、「教育の限界」という言葉を聞きました。

 

教室で子どもたちを「見捨てない」教育を行っても、

家庭に帰った子どもたちが「見捨てられない」かといえば、そうともいえない。

 

こんな経験があったからだそうです。

 

もちろんそこで終わりなのではなく、

そのために、sswの力と連携して、関係機関と連携していく必要があるということでした。つまり「社会が子どもたちを見捨てない」ということです。

 

もしかしたら「教育の限界」はあるかもしれません。

もちろん、社会のサポ―トがあっても、教育がしっかりしていなければ、

子どもたちは見捨てられるかもしれません。

 

教育だけでなんとかしようとするのではなく、社会全体で子どもたちを育てていく、

その必要があるんだなと感じた話でした。

 

いろいろな人の話は聞いてみるものです。