GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

1年生相手でも

今日は、1年生相手に真剣に話しました。

昨年の6年生に話したようなことです。

 

内容は「みんなが本当に勉強がわかる仲間になろう」のようなことです。

 

昨年も語り続けましたが、時間が足りなかったことと、私自身の力のなさのため、思うようにいきませんでした。

 

そもそも「みんながわかるように」というのは、高いレベルのことを求めていると思います。子どもそれぞれ「わかる」の認識が違うのに、それをどうすり合わせるのか。

 

わかった気になっている子、

いい加減に丸つけしている子に、

どれだけ気づき「それ違うよ」と言えるか。

自分がよくわかっていないことに、どれだけ気づけるか。気づかせてもらえるか。

 

高学年の担任の時は感じました。

「自分が分かるならそれでいい」と心のどこかで思っている子たちに、「みんながわかること」が得だということを伝える難しさを。

 

一年生には、まだそこまで「自分が」というものはなく、「誰かのために」ということを素直に受け止めてくれそうです。だからこそ、今、経験してほしい。仲間になってほしい。

私にできる、残りの小学校生活に生かせることは「みんなが勉強がわかる」ような仲間になることです。