おに先生のブログ

小学校の教員です。福岡で『学び合い』を実践しています。現在育休中。

実践記録

けテぶれ✖️『学び合い』

けテぶれ✖︎『学び合い』??? Twitterで結構みかけるので疑問に思っていました。 ✖︎って並列って意味だよねえ。コラボっていうか、合わせるというか。 『学び合い』って「考え方」だから、何か違和感あるんだよなあ・・・ とはいっても、知らないものに対し…

【長文】敬意を込めて

待望の一冊が届きました。 福島県(現宮城県)の高橋先生の著作です。 流動型『学び合い』の授業づくり: 時間割まで子どもが決める! (教育単行本) 作者:高橋 尚幸 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2020/02/25 メディア: 単行本 高橋先生は、ブログで『学び…

怒涛の1日・お別れ

27日の18時半、校長が職員室へ。 安倍首相、臨時休校要請 まさか・・・。 職員室が騒然。 そのまま帰宅。 これはもしかすると、明日で終わり? いろいろなことが頭をぐるぐるまわる。 Twitterを見てみたら、休校関連の話題ばかり。 多くは「子どもを誰が…

今年度『学び合い』社会科実践のまとめ

今年度の私としては完成形かな、と。 社会科の単元『学び合い』 厚紙に単元表貼って、裏は計画とふりかえり。 取り組むのはノートやプリントなど各自好きなもので。だいたいノートが多い。 この単元表の要素としては、 ①前の単元の時に、次の単元の課題を作…

講演終了

保育園での講演が終わりました。40名ほどの保護者と、保育園の先生方の前で1時間程度話をしました。単独のトークはTED以来。 まずは、小学校ってどんなところか、事前に頂いた保護者の方の疑問に答えながら、話をすすめました。主に、新1年生への不安が多か…

いじめ考察③いじめを破壊できるのは教師。しかし。

いじめの原因は教師だと書きました。 もちろん、それだけではありません。 子どもが「いじめ」を起こす原因は多種多様に思います。 人から聞いた話ですが、なんて残酷なことか・・・と思うこともあります。 さて、「いじめ」ですが、破壊できるのは教師だと…

いじめ考察②「いじめ」の原因は教師

私はよく「自分たちで解決せよ」「正しいことは正しいといえるクラスを目指そう」などと話をします。自立した集団を目指しているための言葉かけであって、いじめを防止することが目的ではありませんが、関係はあると思います。 また、「振り返りジャーナル」…

いじめ考察①「いじめはなくならない」

いじめゼロ いじめは犯罪 いじめのない学校を そんな言葉をよく目に耳にします。 しかし、私はよく思います。 「本気で思ってんの?」と。 私の友人に新聞記者がいて、先日取材をうけました。実際にどうなんだ、と。 私はこう答えました。 「いじめはなくな…

評価をするにあたって

私は現在、「思考・判断・表現力」をこの図のような4段階で評価するようにしています。 上にいけばいくほど、「質が高い」「かしこい」「考える力、表現する力がある」と評価します。 これが特にわかりやすいのが「体育」 ハードルをした(何も書かない) ハ…

物語文の学習

物語文を使ってどんなことを学ぶのか、は教科書を前の学年からなぞっていくとだいたいわかる。 「登場人物の気持ちを読み取る」 「物語を読んで感じたことを交流する」 おそらく、前の学年までで学習してきたことはざっくり言うとこの二つ。 そして、今回の…

哲学対話

2学期から道徳の授業で「哲学対話」を行うことにしました。 参考になったのはこの本。 以前から道徳の授業における「価値観の押し付け」にとても疑問を感じていました。 昨年度からはじまった道徳の教科化に合わせて、そのような授業から転換したいと考えて…

授業づくり

当たり前といえば当たり前なんですけど、 授業の準備はしっかりしようと思ってます。 その場で考えてする、なんて授業はなるべく減らしたい。(そうせざるを得ない時もある) 高学年は低学年に比べて授業を考えるのにかなり頭を使います。 例えば国語の物語文…

フライング

フライングですが、来年度の準備をしています。 まだ、どういう人事になるか明日になるまでオープンにはできないのですが、 だいたい想定はしているので(明日違うこと言われたらどうしよう・・・笑) 準備を進めています。 なぜ早めに進めているかというと …

ビギナーズセミナー③

Kuwamanさんのワークの後は、お話を聞かせていただきました。 Kuwamanさんの教室。ベンチがあって、机が4人グループなっていて、黒板が使用されていなくて ・・・写真だけですけど、教室の雰囲気が伝わってきました。そして、kuwamanさんの失敗談というか、 …

ビギナーズセミナー②

午後の部 まずは、過去にオランダに行って実際にイエナプランを見てきたM先生による お話。その前に、ゲストのkuwamanさんから「もっと前にきませんか」というお願い。 主催者として「あ」と思いました。 そうだよな、『学び合い』を学ぶ会なのに、机の位置…

2018年度 『学び合い』実践

今年度もあとわずかとなりました。 今年は2年生の担任。「学びの個別化」を目指してきましたが、挫折。もう一度原点からはじめることにしました。それも踏まえて実践をまとめたいと思います。 まずは、100マス計算。 授業のはじめに取り組みます。時間は足し…

最近はこんな感じ

最近は、このような単元表とプリントを使って授業しています。基本的に教科書がベースです。 今年やってるのが、「めあて」(目標)と「かだい」(すること)を分けて書いていること。 今までその辺りが曖昧で、課題がゴールなのか、理解することがゴールなのか…

学年合同

学年合同の『学び合い』を行いました。 出張とお休みの先生の代わりです。 私一人で見てよかったのですが、補欠の先生が2名来られていました。 お一人は新卒のかた。 お一人は大大ベテランのかた。 おそるおそる感想をききました。 さすがとしか言いようがな…

3学期の実践記録3

削除しました。

3学期の実践記録その1

単元『学び合い』を通した「学びの個別化」に挑戦。 事前に準備した15枚のプリントを子どもたちは、プリントを自分でとって、自分のペースで学習を進めていきます。単元『学び合い』とあまり変わりはないんですが、単元の中でいくつか設定した目標ごとに私…

「分かる」ということ

一年生を担任して「わかる」とは、どんなことなのか、子どもたちの様子から ずっと考え続けてきました。 「~を理解できるようになる」 「~を説明できるようになる」 「~が分かる」 『学び合い』では、このような課題を出すことが多いです。 私も実際にこのよ…

共同体感覚

昨日、今日のことをいろいろと。 アドラー心理学 共同体感覚 他者貢献 自己受容 他者理解 人間関係が良好になるには 受け入れられること 笑うのがいい。 より距離が近いこと 共通の課題を解決すること 『学び合い』における 共同体感覚と良好な人間関係 教師…

『学び合い』スタート

一年生がはじまってから3週間。 いよいよ『学び合い』を行うことにしました。 今まではじめられなかった原因は、私自身。 ・日々の授業の進め方に見通しが持てない ・家庭訪問などの行事に追われて授業のことをじっくり考えられない。 ・どのように『学び合…

『学び合い』最後の日

【『学び合い』最後の日】 今日は、社会科の授業で『学び合い』を行う最後の日でした。 ワイワイ話し合ったり「発展途上国って何だ?」って問題出し合ったり、もくもくとノートまとめたり、レポート書いていたり、いったい何の学習をしているか、傍目からは…

視点を変えて

改めて、『学び合い』の基本にかえってみる。 『学び合い』における教師の「褒める」は「可視化」だと考えています。 「この教師は何を『よい』と考えているのか」子どもたちに気付いてもらうためです。 目標にも近いのかもしれません。 しかし、これは気を…

たかがそうじ されどそうじ

3学期はそうじに力を入れようと思っています。 卒業前になぜ掃除?と思う子もいるかもしれませんが、 この3学期だからこそできることだと、昨年わかりました。 学級が成長してくると、「自主的に活動する」ことへ楽しさを感じるようになると同時に、あいまい…

さて、3学期スタート

明日から3学期がスタートします。 3学期にやりたいなと思うことは、「あいまいだったことの徹底」です。 以前6年生を担任したときは「卒業に向けて一日一日を大切に」ということを子どもたちに伝えました。毎日日記を書いて、それを添削。他にもいろいろなこ…