おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

授業や学級経営

いじめ考察②「いじめ」の原因は教師

私はよく「自分たちで解決せよ」「正しいことは正しいといえるクラスを目指そう」などと話をします。自立した集団を目指しているための言葉かけであって、いじめを防止することが目的ではありませんが、関係はあると思います。 また、「振り返りジャーナル」…

いじめ考察①「いじめはなくならない」

いじめゼロ いじめは犯罪 いじめのない学校を そんな言葉をよく目に耳にします。 しかし、私はよく思います。 「本気で思ってんの?」と。 私の友人に新聞記者がいて、先日取材をうけました。実際にどうなんだ、と。 私はこう答えました。 「いじめはなくな…

評価をするにあたって

私は現在、「思考・判断・表現力」をこの図のような4段階で評価するようにしています。 上にいけばいくほど、「質が高い」「かしこい」「考える力、表現する力がある」と評価します。 これが特にわかりやすいのが「体育」 ハードルをした(何も書かない) ハ…

物語文の学習

物語文を使ってどんなことを学ぶのか、は教科書を前の学年からなぞっていくとだいたいわかる。 「登場人物の気持ちを読み取る」 「物語を読んで感じたことを交流する」 おそらく、前の学年までで学習してきたことはざっくり言うとこの二つ。 そして、今回の…

哲学対話

2学期から道徳の授業で「哲学対話」を行うことにしました。 参考になったのはこの本。 以前から道徳の授業における「価値観の押し付け」にとても疑問を感じていました。 昨年度からはじまった道徳の教科化に合わせて、そのような授業から転換したいと考えて…

ビンゴ

昔先輩に教えてもらったアイデア?実践で、「名前ビンゴ」というものがあります。 5×5のマスにクラスの子の名前を書き、後からクラスの子の名前を順不同で読み上げ、ビンゴを行うというものです。クラスの子の名前を書く時に、「会話をしたら、サインをもら…

はやく出会いたかった

「本当の国語力」が驚くほど伸びる本―偏差値20アップは当たり前! 作者: 福嶋隆史 出版社/メーカー: 大和出版 発売日: 2009/07/01 メディア: 単行本 購入: 30人 クリック: 95回 この商品を含むブログ (10件) を見る 「根拠俺」的教育論の本は苦手だったのです…

国語の学習で…

1巻から読んでいるドラゴン桜2 最近6巻が発売されました。国語について書かれています。 ドラゴン桜2(6) (モーニング KC) 作者: 三田紀房 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/07/23 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 「読解とは、単に読む…

けテぶれ

「けテぶれ」宿題革命! https://www.amazon.co.jp/dp/4313653775/ref=cm_sw_r_cp_tai_ra3mDbRFM6VNY 最近、Twitterで話題になることの多い「けテぶれ」 その実践方法が丁寧に解説されています。 この本を読みながら実践していけば、きっと効果が現れるのでは…

うーん、30点

今日は、出前授業が2つありました。 テレビ局の取材もありました。 こういういつもとは違う環境で、何かを経験することは 子どもたちに重要だろう、と思います。 しかし、私自身に余裕がなくなります。 なんかこう、いつも通りにしていられたらいいのにね。…

時間割なくて、いいよね?

1学期もあとわずか。 各教科の教科書の内容は先週のうちに終わったので、あとは復習と総合のまとめなどが残っています。 今日は、特に大きな行事がなかったので、子どもたちに言いました。 「今日は、時間割をつくってごらん。夏休み、自分で勉強したり生活…

ご無沙汰しております

ここ数日本当に余裕がなくて、疲れて、イライラしていました。 もちろん、ブログを書こうという気にもなれず、放置していました。 毎日更新のはずなのに、意志が弱い・・・そんなことを思います。 先日、ある出来事がありました。 子どもたちが私の悪口を書…

自分の気持ちを正直に

今日は参観懇談会がありました。 自分としては準備していたことをやり遂げられたな、という思いもありましたが、 いくつか出てきた質問や意見にうまく答えられずにモヤモヤが残る結果となりました。 「私はこんなことをやっています、理解してください!」と…

お掃除プロ制度

岩瀬直樹さんの実践、「お掃除プロ制度」を追試させて頂くことにしました。 今までやってみたいなあと思っていたのですが、なかなかできなかった実践。 決めたことは ・2期務めること(日直が一周すると、席替えと掃除交代を行う。一周分が1期) ・実技試験…

アゲアゲの総合

今日は5年生はじめての総合の授業。 学年の先生にお願いして、カリキュラムを編成し、6月の中旬からスタートできるようにしました。プレゼンソフトを使って、「総合って何?」から、学び方、課題の作り方などを説明。後輩の先生たちや通りかかった先輩の先生…

一斉に戻す

ちょっと一斉授業に戻そうとしています。 理由は子どもたちに任せたことが、私の求めるレベルに2割がついてきていないと判断したからです。 結果的に進度が遅れています。私の見誤りです。 最近は、一斉をやることにはあまり抵抗はありません 自分が育てたい…

授業づくり

当たり前といえば当たり前なんですけど、 授業の準備はしっかりしようと思ってます。 その場で考えてする、なんて授業はなるべく減らしたい。(そうせざるを得ない時もある) 高学年は低学年に比べて授業を考えるのにかなり頭を使います。 例えば国語の物語文…

フライング

フライングですが、来年度の準備をしています。 まだ、どういう人事になるか明日になるまでオープンにはできないのですが、 だいたい想定はしているので(明日違うこと言われたらどうしよう・・・笑) 準備を進めています。 なぜ早めに進めているかというと …

ビギナーズセミナー③

Kuwamanさんのワークの後は、お話を聞かせていただきました。 Kuwamanさんの教室。ベンチがあって、机が4人グループなっていて、黒板が使用されていなくて ・・・写真だけですけど、教室の雰囲気が伝わってきました。そして、kuwamanさんの失敗談というか、 …

ビギナーズセミナー②

午後の部 まずは、過去にオランダに行って実際にイエナプランを見てきたM先生による お話。その前に、ゲストのkuwamanさんから「もっと前にきませんか」というお願い。 主催者として「あ」と思いました。 そうだよな、『学び合い』を学ぶ会なのに、机の位置…

2018年度 『学び合い』実践

今年度もあとわずかとなりました。 今年は2年生の担任。「学びの個別化」を目指してきましたが、挫折。もう一度原点からはじめることにしました。それも踏まえて実践をまとめたいと思います。 まずは、100マス計算。 授業のはじめに取り組みます。時間は足し…

最近はこんな感じ

最近は、このような単元表とプリントを使って授業しています。基本的に教科書がベースです。 今年やってるのが、「めあて」(目標)と「かだい」(すること)を分けて書いていること。 今までその辺りが曖昧で、課題がゴールなのか、理解することがゴールなのか…

学年合同

学年合同の『学び合い』を行いました。 出張とお休みの先生の代わりです。 私一人で見てよかったのですが、補欠の先生が2名来られていました。 お一人は新卒のかた。 お一人は大大ベテランのかた。 おそるおそる感想をききました。 さすがとしか言いようがな…

3学期の実践記録3

削除しました。

3学期の実践記録その1

単元『学び合い』を通した「学びの個別化」に挑戦。 事前に準備した15枚のプリントを子どもたちは、プリントを自分でとって、自分のペースで学習を進めていきます。単元『学び合い』とあまり変わりはないんですが、単元の中でいくつか設定した目標ごとに私…

距離は近めに

先日お会いしたF先生が、 「語りは距離が近い方がいい」ということを おっしゃっていたので、実際に3学期から子どもたちに話をするときは、私の近くに呼んで話をするようにしました。 今まで、読み聞かせをする時は、近くに呼ぶことはあったんですが、授業の…

「分かる」ということ

一年生を担任して「わかる」とは、どんなことなのか、子どもたちの様子から ずっと考え続けてきました。 「~を理解できるようになる」 「~を説明できるようになる」 「~が分かる」 『学び合い』では、このような課題を出すことが多いです。 私も実際にこのよ…

共同体感覚

昨日、今日のことをいろいろと。 アドラー心理学 共同体感覚 他者貢献 自己受容 他者理解 人間関係が良好になるには 受け入れられること 笑うのがいい。 より距離が近いこと 共通の課題を解決すること 『学び合い』における 共同体感覚と良好な人間関係 教師…

『学び合い』スタート

一年生がはじまってから3週間。 いよいよ『学び合い』を行うことにしました。 今まではじめられなかった原因は、私自身。 ・日々の授業の進め方に見通しが持てない ・家庭訪問などの行事に追われて授業のことをじっくり考えられない。 ・どのように『学び合…

『学び合い』最後の日

【『学び合い』最後の日】 今日は、社会科の授業で『学び合い』を行う最後の日でした。 ワイワイ話し合ったり「発展途上国って何だ?」って問題出し合ったり、もくもくとノートまとめたり、レポート書いていたり、いったい何の学習をしているか、傍目からは…