おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

自分を変える、言葉。

週末、いろんな刺激をうけました。

 

金曜日、夜遅くまで数名の先生と話しこみました。どちらも私より若いのですが、とても優秀で熱心な方々です。

 

 

『学び合い』を理解してもらうには、教師としての自分を信頼してもらう必要がある。

子どもたちの信頼を得るには、まず、すべての子どもたちを好きになる。

保護者の信頼を得るには、電話に最初にでて、出来る限り保護者対応をすべてする。

よい話やちょっとした子どもの成長でも電話する。

 

ちょっとした会話の中に出てきた言葉だけど、その方は意識してしていることで、自分にとっては自分には足りてなかったと思いました。そして特に心に残った言葉は、

 

私は子どもたちに絶対に寄り添おうと考えています。共感するし、尊重します。

宿題をしてこない、落ち着かない、勉強しない…「昨日何かあったの?」と聞くようにする。それは同僚に対しても同じ

 

こういう言葉をさらっと言えるってところまで、自分にしみこませているのがすごいなと思いました。そして、このような言葉に刺激を受けるというのは、結局自分自身が理想としていて、目標にしているからだと思います。

 

「ああ、自分はできていないな」

 

今まではそれだけで、自己嫌悪を感じて終わりだったんですが、最近はこれを目標にします。できたかどうか、毎日振り返ろうと思います。

自分を変えるのは、容易なことではありません。しかし、他人よりは楽なはず。

 

来週も楽しみになりました。