おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

スタンスを変えてみた

授業をしながら怒るようなことは、ほとんどないんですが、

「声かけしないといけないな」と思うことはあります。

ただ、それが子どもたちに「怒る」「叱る」と捉えられがちな気がします。

 

「声かけ」であっても感情がこもれば「怒る」と思われても仕方ありません。

「時間守ろうね、どうしてかというと」という・・・という私からしたら「声かけ」も

表情や声の調子から「怒っている」と思われることもあるでしょう。

 

「先生はいつも怒っている」

「先生は、〇〇さんをよく怒っている」

 

時々、子どもたちから聞く言葉ですが、それを聞くたびによくないなあ~、と思ってしまいます。だんだん自分ってダメだなあ、と思うようにもなります。

 

そこで以前から色々工夫しています。

 

・声かけは最低限にして、じっと待つ。

・「怒っているんじゃなくて、みんなに考えてもらいたいから話をしているんだよ」

 と前置きをする。

・紙に書いて、見せるようにする。

 

ちょっとした工夫ですが、少しは効果があるのではないかと思います。

そして最近は自分自身が嫌にならないように、スタンスを変えてみました。

 

「今、必要なことを教えている」と思うこと。

子どもたちに話をしている時に「教えていること」「教師として教えるべきこと」と思うと、感情が入らずに話せることが分かってきました。また、自分が話していることに、自信が持てるようになってきました。また、話をしたときに

「注意に近い話」「褒めるに近い話」「スルーしたこと」をふせんにメモするようにしました。これも自分の話すことをコントロールする方法として、自分に合っているなと思います。

 

私の最大の課題は、子どもたちに「怒っている」と思われること。

「怒っている」自分に罪悪感を抱いてしまうこと、です。

これが一番心労だということが分かってきました。

簡単に書いていますが、1年以上考えていることです。

さあ、今日もチャレンジの日です。