おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

土曜授業

あーあ、土曜日授業きついなぁ…と愚痴りながらも学校に来てくれる子どもたち。一週間勉強頑張って、土曜日まで来るなんて、大変だと思います。よくきたね。本当に。

 

一方で本当かどうか分からないけど、家の都合や、体調不良で休んだり、1時間目だけ来て早退し、習い事や塾に行く子たちもいます。そりゃそうだ、とも思います。

 

前者のような子どもたちの主張は悲しいかな、尽く無視されるでしよう。だから、後者のような「正当な方法」で「土曜授業いかない」とする子たちが増えそうだな、増えてほしいなと思っています。子どもたちが学校に来なくなってからやっと「土曜授業って何のためにあるのよ」という話になりそうだから。

 

いやもうその時には土曜授業どころか、平日の学校すら来ない子が増えているかも。「子どもは学校は来て当然」という価値観はくずれかけているよ、と朝から鳴りやまない欠席連絡の電話や学校の前を通り過ぎて塾へ行く子どもの姿を見て思いました。

 

P.S 今日の土曜授業のおかげで、また息子の保育参観に行けなかった。パパママ先生たちが一斉に「子どもと過ごします!」と言って休んだら土曜授業成り立たないよね。

え、もう似たような状態の学校あるって?