おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

失敗をおそれるな

 

 

失敗をおそれるな、と言うけれど私はおそれまくります。いつも学級懇談会は、原稿かスライドを作って臨みますし、後から「言い忘れていた」ことや「言い過ぎた」ことがあると後悔することが多々です。「失敗は成功のもと」なんて思いません。

 

 

 

子どもたちにチャレンジとか、挑戦とか、よく式典の時に話がありますが、私は最近、そんなことを言ったことはありません。学級訓にものせることに気がすすみません(子どもたちが考えたものは否定しないので、のせることはあります)自分が「チャレンジ」とか「挑戦」とかしていると思わないからです。

 

失敗をおそれて、無難な道しか通ろうとしていません。理由は簡単です。

傷つきたくないから。

 

でも、周りからは「おに先生は、ガンガン動いていますね」とか「チャレンジャーですね」とか言われたりします。そう言ってくれるのはありがたいのですが、自分で「チャレンジしている」という自覚を持ってやってはいないです。「失敗をおそれず」できるのであれば、今よりもっと動いていると思います。

 

「石橋を叩いて渡る」とも言いますが、私はそういう部分があると思います。

しかし、「無駄なことはしたくない」タイプです。

「チャレンジしている」と言いながら、ただの自己満足、生産性がない、ことには

冷ややかな目で見ています。

 

でもやっぱり、自分の原動力は前に進むことだろう、とは思います。

「失敗をおそれながら、ちびちびと進み、好機が来たら、ドンといく。もちろんあんまり期待はしない」ってのが今の私なりの生き方だろうな、と思います。