おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

意外なこともあるもんだ

余程のことがない限り、先輩に物申すことって、あんまりないよな、と思います。

特に授業のこととか、学級経営のこととか。

 

そういうのって、何というか入り込めない領域というか、教師のプライドを傷つけかねない部分なんだろうな、と思います。

 

もし私が担任で、保護者から別の先生の苦情を言われたとしても、その先生に直接その苦情を伝えることはしないでしょう。自分の中で揉み消して終わりか、管理職に報告くらいです。

 

そういう意味で、今日の出来事は驚きました。

でも、ありがたかった。

ちゃんとメンツを潰さないように配慮しながら、伝えてもらった。

言われない方が、残念だなと思えることだった。

「この人は筋を通したら、ちゃんとわかってくれる」と思ってもらえないと、

多分、先輩に物申すことはない、と思います。

 

というか、僕って先輩なのね笑

あんまり先輩気取りはしていないつもりだけど、

何だかオーラを発しているのかもしれないな。表情も固いかもしれない。

近寄りがたい雰囲気を出しているのかもしれない。

まあだからと言って、今の自分を変えることはしないけど、

「ちゃんと話したらわかってくれる人」って思ってもらえるのが一番かな。

実際はどうなのかわからないけど。