おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

正直なところ・・・ができればいい

『学び合い』ができるんだったら、パソコンはクラスに10台くらいあればいい。

 

正直なところ、そんな気持ちです。

 

使える時に、使えばいい。あとは、オンライン授業にも対応できるように準備をして、家庭にネット環境がない子のための、LTE端末があればいい。

 

一人一台端末の活用を推進してきたわけど、いちばん恐れていたことが、やっぱり起こった。

 

 

子どもたちが、端末にかじりついて、周りが見えていない。

 

全員達成、一人も見捨てないが言えればいい。

でも、関わりはできるだけ避けなければいけない。

だから結局「個」の学習になってしまう。周りを見る必要がなくなる。

本当にそれを目指してきたのか、そんなことはない。

 

端末が導入されて、子どもたちの能力の差は顕著になり、学びは個別化せざるをえない、と考えていた。一斉、一律から脱却できる、と思っていた。それは、その通りになったと思う。その一方で、個別化しすぎて、孤立化してきているように思う。本当に困っていることに気づけないし、困っていてもヘルプを出しにくい。

 

これじゃない、これじゃないんだ。

 

やっぱり、僕は『学び合い』がいい。『学び合い』しかない。

一人一台端末でできることも増えたけど、大事なものがなくなっていくように思う。

「先生、〇〇さんができるようになったよ」「先生、今日は○○さんのおかげで分かったよ」

そんな声が聞こえてくるのは、パソコンにかじりついている時間の分だけ、たくさん「対話」してきたからだ。

 

正直なところ『学び合い』ができればいい。でも、今はできない。だから、今できることをする。ただ、いつか、このことを伝えなければ、「推進していること」に浮かれて大事な何かを見失っていまいそうな気がする。