おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

語らずにはいられない

ある方のブログを読んで、心がグッと締め付けられるようだった。

そうだ、俺は数年前に人前で叫んだんだ。

教育が、学校が、本当に子どもたちにとってよりよいものになることを願って。

 

先日、

「ICTなんてどうでもいい」なんてことを言ったのは、いまだに引きずっていたけど、

なんでこの言葉が出たのか、今になって分かった。

「ICTの前になんとかすべきことがあるでしょ」だ。

 

ICTのキラキラした実践例の裏で、明日をの授業、教室、学校生活を悩んでいる先生、子ども、保護者がたくさんいるはず。そんな方々にとって「ICTなんてどうでもいい」だろう。

 

数年前、自分の力の限界を知った。

改善策は分かっているのに、伝わらないもどかしさを知った。

一年やそっとじゃ、変わらない現実を知ったと同時に、もっと前から積み上げていれば、

こんなことにはならなかっただろうに・・・ということもわかった。

 

『学び合い』には希望がある、というより、

もう『学び合い』しかない、と思っていた。先生や子どもを救うのは。

 

それがあの時の僕の「叫び」だ。

 


Believe Children | Takeshi Onishi | TEDxHakataf:id:f-manabiai:20210225211535p:plain