おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

【連載】新しい時代⑤ いつまで「教科」にこだわる?

校内研究のテーマは「国語科」です。

 

何年も前から僕の勤める自治体では、そういう話が行われているわけです。

 

もちろん、小学校の教師は「国語科」だけ授業するわけではないから、そこに重点を置くってことなんだけど、

 

 

いつまでこんなことやってんの?

 

 

って思います。

 

1人1台端末が導入され、教科の枠も、時間も、教室も制限がなくなったんだから、

もっとダイナミックに学習すりゃいいのにね。一つの教科に括らず、もっと個々が関心のある分野、教科横断してもいいような学習に。

 

で、最近すごく思うことは

 

 

学校って学級担任だけで成り立っているわけじゃないよね

 

「社会科」とか「国語科」とかで括っていたら

栄養教諭とか、養護教諭とか関われないじゃん。

その先生たちを「メインプレイヤー」にしようって、気持ちがあってもいい気がするんだけどね。

 

 

あと、なんか「ワクワクする」校内研究できないのかな。

子どもも大人も。

楽しくないと続かないよ。

 

新しい時代なんだよ。