おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

ふと、蘇る苦い思い出。

学校から離れて数ヶ月。

学級担任から離れて1年以上になる。

おそらく今後、学級担任をすることはもう数えるくらいしかないんだろうな、と思う。

 

できればもっと、満足して終えたかったというのが本音だ。

何が「満足」できなかったのかというと、自分自身の器の小ささによる失敗だ。

 

あの時、なんでそんなことをしたんだ。

あの時、もっとこうしておけばよかった。

 

ふとした時にそんなことが蘇る。

 

『学び合い』実践者として、経験者として人に話す機会も増えた。

その度に思う。

「俺はこんな綺麗事を話していい教師なのか」と。

 

学級担任時代に、担任していた子たち数名から「お前何言ってんの?」と言われることを

想像しただけで、「そうだ、その通りだ」と言ってしまいたくなる。

 

そのような後悔とか引目のない、一年を過ごして学級担任の役目を終えたかった。

「俺は教師ができて最高だった」と言って終わりたかった。

 

そんなことを思うことが増えた。

 

当時は当時なりに、一生懸命やっていた。

今は冷静に過去を見ているから、「こうすればよかった」と言えるけど、

実際にその場で、冷静に対応できるか、といえばそうとも思わない。

 

今でさえ、あの時のクラス、あの子たちはあれ以上、どうすればよかったんだ、と思うことだってある。我ながら、やりきったよな。と思うこともある。

 

 

『学び合い』は「マシになる」という言葉があるけど、本当にそうだと思う。

『学び合い』をしたからといって、パラダイスのようなクラス、授業になるわけではない。

『学び合い』をしなかったとすれば、それよりはマシ。だけど素晴らしいわけではない。

 

ああ、そう考えると今しっかり充電して、器を広げておくしかない、か。

いつかまた、機会をもらった時に、「最高だ」と思えるようになるために。