おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

このかけがえのない時間を大事にしているか

息子が誕生日でした。

 

妻が料理とケーキを準備してくれて、お祝いしました。

息子が欲しいものを買いにいって、もらったプレゼントを手に持って写真を撮って

「ハッピーバースデー」をうたう。

まあ、よくある家庭の光景なのではないでしょうか。

 

我が家では、いや僕が、なのかもしれませんが、息子の誕生日に

昔の映像を流すようにしています。

 

 

当たり前ですが、過去の息子の姿がそこにあります。

目の前の息子とは全然別人です。別の世界の様子のようです。

 

大人になったら、1年前も2年前も大して変わりませんが、

子どもの1年、2年は全然ちがう。

昔の映像や写真を見ていると少し悲しくもなります。

「この時の息子はもういないのか」と。

 

 

子どもたちに朝の準備をして、保育園に行って、家事をして、仕事をして、帰ってきて

寝る準備をして、自分も寝る。休日はほどほどに自分の時間も過ごしながら、息子をどこかに連れていったり、遊んだりする。

 

いつのまにか「ルーティン化」しているようにも思います。

また、「子育てと仕事の両立」とかいいながら、正直仕事が頭から離れない自分がいるように思います。スマホを触っている時間が長いように思います。

 

そんな日々を過ごしている中で、時々息子の過去の映像や写真をみるたびに、

「本当に自分はこのかけがえのない時間を大事にしているのか」

「このかけがえのない時間を後悔しないか」

 

と思います。

でもやはり、忘れてしまうんですね。

大事なことだと分かっているはずなのに。

 

だから、僕はビデオを取り続け、写真アルバムを作り続けています。

親のエゴとか、子どものためにとかではなく、自分自身のために。

 

 

こんなにかけがえのない時間を無駄にするんじゃねえ、と自分自身に言い聞かせるために。

 

 でもやっぱり忘れちゃうんですね。自分のにとって何よりも大事なことだって

わかっているのに。

 

ちょっと前に観た「えんとつ町のプペル」を見て、ルビッチの父ちゃんに

憧れました。いい父ちゃんだな、って。

本当に僕は息子に何かを残しているんだろうか。

いや、ちがう。自分が「いい父ちゃん」と自信を持っていえるかどうかが、大事。

でもまだまだ、時間がかかりそう。

 

こんなことを思わせてくれるだけでも、ありがたいよ。   


www.youtube.com