おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

すべての悩みは対人関係の悩みである

f:id:f-manabiai:20220217054939p:plain

 

 

こんにちは

おに先生@onisensei024です

 

すべての悩みは対人関係の悩みである

 

アドラー心理学ではこのように説明されていますが、まさにそうだと思います。

だから「折り合い」とか「コミュニケーション」だとか「対話」が必要になってくるのでしょう。ただ、聞こえはいいのですが、そう簡単にはうまくいかないものです

 

ストレス源になる人間関係がある場合

一番いいのは「関わらないこと」なんですが、そうもいかないこともあるでしょう。

仕事をしていく上で、どうしても関わらないといけないことがあるし、

「仕事中だけ」と割り切るのも簡単ではありません。

結局「折り合い」が必要なんだと思います。

「まあこの人こういうところあるけれど、ここを生かしていこう」と考えたり、

「実はですね・・・・」と周りに報告したり、

とにかく気にしないようにしたり・・・いろいろ方法はあると思います。

 

とはいえ私は「対話」することがとても苦手で、どちらかというと相性の悪い方と一緒になったら、だんだんイライラしてきて、関わりを減らすか、直接物申してしまうことが多いように思います。自分でもそれはダメだと分かっているのですが、なかなかできません。心の中に「なんで俺が折り合いつけなきゃいけないんだよ」って思ってしまうからなんでしょうね。

 

例えばこんな人。課題の締め切りを守らない。課題の締め切りを守っていないことを詫びないし、終わっても詫びない。平気で誤魔化そうするし、病気を言い訳にして逃げる。他人には横柄な態度をとる割には、自分は何もできない。しない。

 

要はものすごく懐の小さい人間なんでしょうが、こういう方と一緒にいると、僕はうまく折り合いがつけられません。どちらかというと怒りがわいてくるので、だからひたすら我慢し続けます。それが相当なストレスになっているのは間違いありません。

 

とはいえ、こんな方ともうまく過ごしていくことが私の課題なんだと思います。

本心でないにしろ「得」な生き方をできるようになることが、必要なんだろうなと思います。

まだまだです。

 

【新ブログ】

おに先生のブログーまとめー

→→https://onisensei024.hatenablog.jp

 

note「きっとできる」

→→https://note.com/takeoni727/n/ndc99136f6cc7