おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

マスクに慣れた子どもたち

 

新型コロナが流行して、3度目の夏がやってきます。

news.livedoor.com

政府がやっと「マスクを外してもよい」と公言しました。

「熱中症のリスクが高くなる」とか「距離を十分に取れば」という条件つきですけれど

「外してよい」は大きな一歩だと思います。

 

自分も含めて「みんながマスクしているからつけておこう」でマスクを屋外でつけている人は多いと思います。ただ一定数の人は「屋外のマスクは意味がない」と思っていたと思うので、「周りもつけてないから、外そう」に変われば状況は変わるはずです。

 

何より私が「よかった」と思うのが子どもたちのこと。

 

大人と同じように、子どもたちも一日中マスクをしています。

体育だろうが、外で遊ぶ時だろうが、マスクをしています。

「外してもいいよ」と言っても外さない子が多いです。

 

感染が怖いというより、マスクをつけていることに慣れているから、外すことに違和感があるのでしょう。大人も含めてだんだん周りが外すようになったら、子どもたちの心境も変化してくるはずです。

 

願わくば、熱中症の心配だからとかではなく、暑い時期以外でも「屋外はマスクを外す」が浸透していけばいいのですが、外すための第一歩としては今が一番いいのだろうなと思います。

 

子どもたちの表情が見える学校に戻ってほしいです。

 

それにしても、マスクの着用なんて法律上の決まりでもなんでもないのに、

日本人はほとんどがそれを守って、政府が「外していいよ」って言わないと外さないのって

ずいぶんトップダウンに慣れた国民だなと思います。

 

アメリカのメジャーリーグの報道みてたら、ほとんどの人がつけてないよね。