GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

みんなが大好きだよ

今日を最後に任期の終わる先生のお別れをしました。

私のクラスには、私が出張でいないときに代わりに教室に来てくださったり、

算数の授業をしてくださった先生です。

 

子どもたちが、黒板に寄せ書きをして、歌を歌うという出し物を企画したので、行いました。出し物が終わった後、その先生は涙をこらえながらいろいろとお話をしてくださいました。

 

「みんなのことが大好きだから、学校での仕事も楽しかったし、頑張ることができた」

「これから立派な先生になれるように、頑張る気持ちにさせてくれてありがとう」

 

そんな話を教室の後ろで聞きながら、胸が痛みました。

「ああ、大好きなんて言葉使ったことないや」

 

「大好き」という言葉にこんなにも力があるとは思いませんでした。

中身よりも、その言葉を使っている先生の気持ちが伝わってきました。

 

「自分はこんな気持ちをもって、学校の教師をしているだろうか」

 

ふと、そんなことを思いました。

 

 

その先生は、まだ正式に教員になったわけではありませんが、

きっといい先生になるなと思います。

だって、教師に本当に必要なのは、子どものことを好きだと思えることだからです。