おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

僕がブログを書き続けている理由

もういい年になった。

夢とか希望とか、恋とか想いとかそんなのからは遠のいてしまった。

若い頃は、そういう感情に飢えていたというか、「生きている」って感じがしたけど

今はそんなこともない。そんな感情なんて「自分に合っていない」とか「今の自分には違う」って思いこんでいる部分がある。

 

不思議なもので、人間というのは歳をとっても精神的に成長していない部分がある。

ふと、子どもの頃の気持ちが蘇ってみたり、すごく恥ずかしい若い頃の失敗を思い出してみたりする。同じ人間が抱いた感情のはずなのに、何か別の他人が感じているかのように思ってしまう。

 

小説はいい。自分が経験もしない世界を眺めることができる。

自分が感じないような感情を知ることができる。

感じ方が変われば、読んだときの印象は変わる。それもまたいい。

 

自由な時間がたくさんあった頃、僕は小説を読み耽った。

最初は「文学を学びたい」という浅はかな気持ちだったけど、いろんな作品を読んでいるうちに、自分を少しだけ客観視できるのがよかったんだと思う。何時間も、いつの間にか夜も更けるまで読んだこともある。そして、自分の感情をいつも確かめるように読んでいた。そんな日々も仕事やプライベートの時間に押されて取ることはできなくなっていったけど、こうやって一人の時間をもらってブログを書き続けている。

 

気分次第でいろんな内容を書いてはいるけど、基本的に誰かに読んでもらうために書いていない。自分が感じたことをそのまま書く。それが僕の基本的なスタンスなんだと思うし、この時間が得られないとどうも気分が悪くなる。

 

学生時代は、こうやって物思いに耽るとか、小説の世界にはまることをよくしていたものだけど、だんだん「人肌恋しい」とか「行動しなければ何の肩書もない」と思い、焦るときもあった。でも今は、家族がいて、肩書もあるのに、なんだか物足りない気がするときがある。不思議なものだ。

 

最近、アニメや漫画を見る機会が増えた。

小説を読むよりずっと手軽に異世界にはまれるからだ。

その中で、今日のブログを書く気持ちになった作品がこれだ。

 

 

この作品についての記事はまた前に書いたんだけど、

 

f-manabiai.hatenablog.com

今の自分にはとてもいい作品だった。主人公は17歳の女子高生のはずなんだけど、45歳のおっさんの方に感情移入ばっかりしてしまった。少女漫画ではなく、成人漫画(ビックコミックス)であることからもターゲットはおそらく、30代中盤以降のオッサン向けなんじゃないかな、と思う。

 

 

この漫画のおかげで、なんだか忘れていた感情が蘇った気がした。

だからと言って何かを始めようとか、頑張ろうとか思ったわけではないけれど

「蘇った」ことが大事なんじゃないかなって思う。

 

映画も主題歌もすごくいい。久しぶりにこんなに爽やかな気持ちになれた。

 

 


www.youtube.com

 

Society5.0とか

「Society5.0時代だから、学校教育でICTを活用していく」

っていうのを最近よく聞くんだけど、すんごく安直すぎるよなあ、と思っています。

「個別最適化」にしても「主体的な学び」にしても同じ。

その言葉を自分のいいように解釈して使っている。

 

ただ、Society5.0のことをよく理解していないのに偉そうなことを言えないよなと思い、

改めてこの本を読み直しています。

 

f:id:f-manabiai:20210920224518j:image

 

自分なりにまとめたいと思ってはいるのですが、いろいろあって時間が取れない・・・

ああー、何も予定のない時間が欲しい。

そのうちブログに書きますので、ぜひ読んでほしいです!

 

恋は雨上がりのように

 

いい映画でした。

「恋愛モノ」となると誰かが犠牲になったりとか、裏切られたりとか、そういう展開が多かったり、やけにイケメンとかやけに可愛い子(逆もしかり)が出てきたりとか、

どうしても非現実的すぎて冷めてしまうから、ここ数年は見ないようにしていたけれど、この映画は観ることにしました。というのも、漫画がとてもいいから。

 

 

以下ネタバレがあるので、読んだことがない方は、気をつけてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青春物語とも違う、恋愛物語とも違う。

女子高生と45歳のオッサンが出会い、気持ちを通じ合わせることで、

それぞれの人生を再スタートさせる物語、って感じです。

ケガで走ることを諦めてしまった女子高生がまた走り出し、

人生に「書く」ことに諦めてしまったオッサンがまた書き出す。

どちらの立場に感情移入しても、前向きになれそうな物語です。

 

女子高生がオッサンに恋をするという、あり得ない展開ながらも

その「ありえなさ」をオッサンはちゃんと受け止め、調子に乗らないし、

何か特別なことをするわけではない。

高校生の女の子っぽい気持ちの揺れや振る舞いも、そんなに特別なくて、自然に受け止められる。「俺なんて」と諦めきっているオッサンのセリフも女子高生かける言葉もそんなに特別ではないんだけど、なんだかカッコいい。

 

どんな人だったって、周りから見ればカッコ悪くても、しっかり向き合えば「かっこいい」し「キラキラ」しているのかもしれない。

 

17歳という若さは、45歳のオッサンにとってはキラキラして、美しい。

でもそんな姿から、自分にもそんな時代があったなと振り返るさま、自分も一歩踏み出してみようか、と思うさまはどこか勇気づけられる部分があった。

 

 

今から恋をしてみようとか、忘れかけていたあの頃の想いとか

そんなことを思う必要もなく、勇気の出る作品だな、と思います。

 

 

雑記。Appleとかオンラインとか。

お久しぶりです。おに先生です。

娘が熱を出してから、生活が通常モードではなくなったので、ブログの更新が滞ってました。

元気になったので、またいつもの生活に戻れそうです。

 

さて、今週あった出来事をもとに自分の思ったことをつらつらと書いていきます。

 

その1 Appleの新型機種発表会

 

さすがにリアルタイムで見る事はありませんでしたが、情報はしっかりゲットしました。

いやはや、

 

欲しくなりますね!

 

私が今使っているApple製品は

iPhoneSE2

ipad pro 10.5

ipad Air2

Macbook pro 2016

Applewatch3

Airpodspro

です。

どれも、何世代も前の機種なのですが、現役バリバリ使っています。

全然困っても不満でもないのですが、やはり新製品というものには惹かれてしまいますね。

特に、ipadmini6には惹かれてしまいました。

僕がiPadを持っているのは、「携帯性」がいいこと「タイピングをしやすいこと」につきます。喫茶店やファミレスで、本を読みながらこのようにブログを書くのが好きなのです。

また、プレゼンをする際にはスマホよりもiPadの方が断然使いやすいので、重宝しています。

ただ、どうしても10.5インチだと大きくて重いので、もう少し小さいものがいいな、と思っていたところだったので、mini6の性能には惹かれてしまいました。ま、買わないけど・・・。

年始の初売りで出てこないかな。○○の夢福袋とかで。

 

 

その2 オンライン学習、参観が本格化

 

昨年はオンラインで授業をしたり、参観懇談をしたりするのは「チャレンジ」「試行」

だったところがあったけど、もう今年は「当たり前」になりつつあるなと思います。

保護者も、それがあって当然、という認識です。

でもまだ学校側の「可能な限りで」という認識があるから、そこに隔たりができる。

なんらかのトラブルが起こる。そのトラブルをきっかけにいろんな問題が起こる・・・

とどのつまり、保護者のニーズに答えていく必要が以前から同様あったのですが

今はそれがどんどん加速し、難しくなっているんだと思います。

 

だからこそ、どんなトラブルが想定されるのか

どんな組織体制で実施すればいいのか

仕組みはどのように学べばいいか

保護者に事前に何を伝えておくのか

 

こんなことを考えないといけないと思います。

 

ま、一言でいったら

 

学校たいへんすぎるぜ

 

 

その3 今できることを粛々とやる

 

学校、大変だと思います。

一方で僕は、自分の研鑽を積んだり、誰かのお手伝いをしたりすることが仕事です。

今の時期にありえないほどの、ありがたい立場なのですが、おかげでじっくりゆっくり学ぶことができています。でも本当にこの立場を生かして今学んでおかなければ、後々苦労しそうです。組織に身を置く際に、自分の立場を踏まえ、柔軟でいる事も今でしか学べないことです。

幸い、「手伝って」と言われて、自分のスキルを伝えたら「すごい」「ありがたい」と言われます。趣味でやっていたことが、こんなところで生かせるようになるなんて、ね。

 

 

さあ、3連休。

新型コロナの陽性者が減ってきましたね。

「気が緩んだらリバウンドする」とか

「冬に感染爆発のおそれが」とか

TVでは言っているけど、まずは下がったことを喜びたいよね。だって多くの「我慢」が

あったからなんだから。そしてワクチンをみんなが打ったことも。

自分がしたことに「成果」が見えないと何だってやりがいはないよね。

そういう「心理」も専門家の方々にはないのかしら。やれやれ。

もういいんじゃないの、withにしていかないと。

学校は世間様が落ち着かないと、いつまでもマスクと感染対策徹底のままですよ。

教科の専門性にこだわるって・・・

教科の専門性。

中学校ならわかるんですけど、小学校でそこまでこだわる必要あんのかな、って思い続けて10数年。この考えは揺るぎません。

 

好きな教科があるとか、いくつかの教科を重点的に学ぶことはいいと思うんですよ。でもねぇ、小学校で一つの教科にこだわってられないと思うんですよ。いくら大事だって、毎日何時間も算数をするわけにはいかない。算数だけコッテコテの授業やって、他はいいかげんってのもいいはずない。

 

残念なのは「専門」とか「研究」とか言ってる教科の授業に限って、子どもたちのことが置き去りになっているものばかり。板書にこだわったり、掲示物にこだわったり、活動にこだわったり。そのほとんどが教師のエゴ。時間と労力がかかってる分「それ意味あるの?」と言いづらい。

 

そんなことに時間かけるより、汎用的なスキルを身につけることや教科書の内容を一通りこなせることの方が大事だと思うんだけどな。一つの教科にこだわってるような余裕は今の学校現場にないでしょ。

『学び合い』から遠のいていますが

ま、これでも『学び合い』関連の本をたくさん読んだし

いろんなセミナーや学習会に参加してきたし

7年間実践をしてきたから

ある程度はですよ、ある程度は『学び合い』について語れますよ。

もし明日「指導助言しろ」と言われたらできますよ。

もし明日、『学び合い』の授業見たら、どこをみればいいかわかりますよ。

だけど、「まだまだ」なんですよね。私が出会ってきた猛者というか、大先輩たちのように

なるには。

 

でもいいんです。1年間なら1年間、7年間なら7年間の立場で語れるのが

『学び合い』のよさだから。いつも虹に向かって走っている感じ。

繰り返しになるけれど、どうやって虹に向かってきかは話せる。

それだけの実践はしてきたつもり。

もし「今まで何を研究してきたか」

ということが肩書になるのであれば、僕は堂々と『学び合い』と言う。

 

とはいえ、その経験を偉そうに語るつもりはないし、

自分の実践に自信満々というわけでもない。

 

ま、語れますけど

たいしたもんじゃないよ、と言ったところ。

 

個人的見解

突然ですが、GIGAスクール構想を推進していく上で、自治体にこんな仕組みがあったらいいなと思ったことを書きました。決して今の立場を代表する意見ではありません。あしからず。

 

①「GIGAスクール推進室」のような部署を立ち上げる。

 

②ビジョンを形成、共有する

GIGAスクール構想のビジョンを具現化していく

リーフレットのようなものを作成

 

③各担当を分ける

・教員、児童アカウント管理担当

・研修担当

・各教科の実践担当

・情報モラル等担当

・機器管理担当

・ヘルプ担当

 

④各担当に年齢経験問わず、適任者を配置する。

 

⑤各担当と定期的にミーティグを行い、ビジョンの共有

 各担当の仕事の明確化

 活動報告発信の方法検討・実施

 情報発信用HPの開設

 

 

これくらいできていたらいいだろうな、と思います。

一番大事なことは「ビジョンの共有」

端末を配布して、いったい何を目指しているのか。学校現場にきちんと示していけるものを

作成してほしい。もちろん、それだけでは学校によって差ができるから、情報発信とサポート(研修)を適宜行い、部署の存在を認識してもらう。

 

今後、各担当は公募制にし、やる気と力量のある人材を採用。

年功序列ではない組織の中で自由にアイデアを出し、よりよい組織運営を行っていく。

 

こうできたらいいだろうな。あくまでも素人の個人的見解ですけどね。

 

無力感を感じても、せめて発信くらいはしようと思った

ぼくはいやだ!(不協和音風)

 

そんなことを叫びたくなる今日この頃です。

 

 

 

 

いろんな学校の若い先生たちとICT活用ついて話をする機会が増えました。

話を聞いていて無力感を感じます。

 

若い先生たちから聞く話は

 

話の聞き方

話し方

板書の書き方

教材の工夫

 

そんなのばっかり。

 

いや、それらがダメというわけではないですよ。

基本的なスキルなしに、応用はできません。

ただ、なんというんですかね。もっと「子どもがこんなことやったんですよ!」みたいな

話が聞きたいんですよね。若い先生の特権は、子どもと距離が近いことでしょうから。

おそらく、周りの先輩たち、研修をする側の方々

 

今まで大事にしてきたことを伝えているんだろうな、と思います。

 

ただ、「若い」とも言えない世代の方々も、相変わらずおんなじことをやってるな・・・

と思うこともあります。いや、否定しているんじゃないですよ。

 

その授業、別にICT使わなくていいじゃん。

その授業、どれだけの子が理解できてる?

 

そんなツッコミをしてしまいたくなるものばかりです。

 

今までの授業にICTぶっこんだって、何もいいことないのに。

むしろ、今までの方がマシっていうこともあるでしょう。

授業時間オーバーしてまで子どもにICTを使わせるって本当に本末転倒。

 

 

もうなんか、そんなのばっかり見てしまって無力感ばかり感じています。

自分がそれを「変えようよ」という立場でもありません。

いつのまにか現状に流され、合わせている自分がいることに気づきます。

 

 

ぼくはいやだ!

 


www.youtube.com

 

 

せみて、せめてブログやTwitterで発信するようにしよう。

ICT活用の本質を目指していきたい。『学び合い』実践してきた身として。

 

学校、大変すぎるよ

久しぶりに仕事で学校に行きました。

先生たち、全く余裕がない感じでした。

昨年も土曜授業が週2回あり、7時間授業で大変でしたが

人手がいた分、今年よりもマシな部分があったと思います。

でも、今年は人手も足りない。

 

社会や保護者の、多様で大量の要望に応えていくなんて無理だと思います。

一部または大勢の先生たちに無理をさせることになります。

 

しなければいけないことがあるのは分かります。

頑張らないといけないことがあるのも分かります。

でも、もう無理ですよ。やめないと。いろいろ。

 

止められるのは、トップ層の決断しかありません。

トップ層を動かすには、下が結束する必要があると思います。

下が問題意識を持たないといけません。

ただ、そこまでのモチベーションがあるのか。

何かを変えようとするにはエネルギーがいる。

「まあいいや」で終わらせてしまった方が楽だと思っていまう。

 

でもあえて言おう。

時間をオーバーしまくりで、いったい何の教科の学習か分からない、ICTを活用しまくりの授業を認めることをなくすせばいい。

 

 

かけがえのない日々だったんだ

『学び合い』に出会ったのが2013年。

それから7年間、『学び合い』を学級担任として実践させてもらいました。

それから担任を外れ、学校から離れて1年ちょっとになります。

 

最近になって、『学び合い』を実践していたことが懐かしくなってきました。

大変なこともあったし、自分の納得できるようなことばかりじゃなかったけど、子どもたちの成長を見れる日々、子どもたちと「学び」を試行錯誤していく日々、そして担任の自分の力ではできるはずのなかったことが起こる日々・・・そんな日々を送ることができたのは、『学び合い』のおかげ、子どもたちのおかげだったことを、今になって感じます。

 

あの当時は、そのような日々がかけがえのない日々だったことなんて思ってもいませんでした。いつかは担任を外れる日が来るだろうなとは、どこかで思っていても実際にその日が来るまでは実感を持っていなかったです。

 

 最近、ICTを活用推進していく仕事をしている関係上「ICTをどう授業に活用するか」という話を聞くことが多いです。特に若い先生からそのような話を聞きます。短い時間の中での話なので、その先生がどんなことを願い、どんな教育実践をしているか、すべてが見えるわけではないのですが、なんかこう、僕が担任時代に感じてきたワクワク感がないのです。

 

僕は幸い『学び合い』を実践することで知ってしまったんだと思います。

子どもたちと過ごした「かけがえのない日々」を。

数年前は気づいているようで、気づいていませんでした。

目の前になくなってはじめて、そのありがたみがわかってきました。

 

さあ、僕はこれから何を目指していくべきなのか。

担任に戻って、あのかけがえのない日々をまた追い続けるのか。

それとも、後輩たちに同じ日々を味わってもらうのか。

 

多分、後者かな。それの方がなんかあってそう。

だから僕は語る。

「ICTをどう活用するか、じゃなくて目の前の子どもから考えましょう。子どもの成長にICTが必要なら使えばいいし、必要ないなら使わなくていい。大事なのは機会を奪わないこと。じっと見守ること。そうすれば、子どもたちは自分にあった使い方をしはじめますよ」と。