おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

「折り合いをつけよう」とは言うけれど

どこの社会にも(職場にも)自分と相性の良くない人はいると思います。 子どもたちにも「折り合いをつけないといけない」とよく話をしています。 とはいえ、私にとって相性の良くない人の存在は、日々の仕事や生活にどころか、自分の心身にまで影響を与えま…

学校の教員を続けてきて「得」したこと

教員が足りない 負担が大きい 業務量が多い 学校現場の課題は山積みです。 苦労しながら、頑張っている教員もたくさんいると思います。 学校の教員を志していたけど、辞めてしまった方もいると思います。 しかし、学校の教員には他の業種にはない「魅力」が…

僕は胸を張って「先生」とは言えないけど

お正月。有難いことに、昔の教え子から年賀状が届きます。懐かしさや嬉しさとともに『僕が「先生」で申し訳ない』と思ってしまいます。 数年前、1年生を担任していた最後の日、僕は泣きました。あまりの不甲斐なさと申し訳なさからです。 f-manabiai.hatenab…

【ブログ7年】ココロオドル2023年に

あけましておめでとうございます。 2023年がはじまりました。みなさん、どのように1年のスタートを切りましたか。 家族と過ごしたり、旅行に行ったり、のんびりしたり・・・仕事をしている方もいるでしょう。 私は家族や親戚と過ごし、初詣に行きました。 …

願えば叶う 2022年

「おにさんが来てくれたおかげで・・・」 「おに先生のおかげで・・・」 こんな有難い言葉を同僚や上司、子どもから、かけてもらえた2学期末。 教務として、学級担任として、うまくいかないこと、思い悩んだこともあったけれど、何とか終えることができまし…

授業のエンタメ化・コンビニ化

とても考えさせられたツイートを見かけました。 最近僕が感じるのは授業のエンタメ化とコンビニ化だ。エンタメの価値は面白いかどうかで決まる。コンビニの価値は手軽かどうかで決まる。でも本来「学び」ってそれとは真逆のものだ。面白くないことに価値があ…

教育関係者にお薦めしたい10冊

toyokeizai.net 面白そうだなと思う記事を見つけました。 「お薦めしたい10冊」と書かれると何か気になってしまうのは、 「タイトル釣り」にひっかかっている証拠ですね。 さて、この「お薦めしたい10冊」に選ばれた本、結構新しめの本が多いなと思いま…

【デスクワーク】体のコントロール法

冬休み 長期休業中の教員の仕事は一変します。 研修、書類作成、会議・・・ 普段なら子どもたちが下校した放課後に行うことを 日中にすることになります。 そして、多くの教員がこう言います。 デスクワークはきつい! そりゃそうでしょう。 普段、授業をし…

仕事は何派?

みなさん、自分に合った仕事(個人作業)のスタイルってありますか? 僕はあると思っています。 僕はとにかく集中力がない。 そして、仕事が増えたり、同時進行で色々な仕事を抱えたりすると落ち着かなくなります。 これは受験勉強をしていた頃から感じてい…

雪の舞う寒空に

2学期が今日で終わりです。 担任としてスタートした2学期。 長いようであっという間でした。 苦しい時、匙を投げたくなる時もありましたが 終わってみれば「よかった」と思える時間だったと思います。 この2学期、妻に言われた言葉が忘れられません。 「…

教務の仕事は・・・ですよ。

教務の仕事は面白くない 近隣の学校の教務の集まりで、ある先生がおっしゃっていました。 業務の効率化をバンバン進めている方なので、僕にとっては意外な発言でした。 確かに、子どもと関わる、授業をする、学級づくりをするといった仕事に面白さを 感じる…

教室における男女の仲

高学年の学級が安定しているという私なりの基準の一つに「男女が争わない」が 挙げられます。 保護者にクラスの状態を説明するときは「仲が良い」という表現を使いますが、 「仲が良い」というより「自然」といった方が近いです。 高学年の年頃は、男女共に…

心がけ

感謝の言葉を述べること 敬意を持って接すること 当たり前のようなことだと思いますが「できない」「しない」大人たちがいます。 保護者しかり、教員しかりです。 教員なら子どもたちにそのようなことを教える機会が 道徳の授業に止まらず、たくさんあると思…

【『学び合い』の授業】おに先生の課題のつくりかた②

以前、このような記事を書きました onisensei024.hatenablog.jp 今回は、この記事で紹介した課題と少し異なる課題のつくり方を紹介します。 「単元プリント方式」 とでも呼びましょうかね。 ※著作権の関係から画像を加工しています。 単元プリント方式とは …

【レビュー】THE FIRST SLUM DUNK

先週、THE FIRST SLUM DUNK 観てきました。 情報が簡単に手に入ってしまうこの時代、他の人の感想や「☆何個」みたいな評価を見る前に 自分の目で確かめて、自分の感覚を楽しみたい。観たい映画だからこそ、公開当日に観に行きました。 結果から言えば「観て…

物事を前にすすめるために、欠かせないこと

長めの会議がありました。 ある行事を実施するかしないかについてです。 すでに、何人かの同僚からは話を聞いていたので、こうなることは想定済みだったのですが、 そこをどうおさめるか、が一番難しいところでした。 問題の根本は何か 妥協点はどこか 解決…

通常運転

サッカーワールドカップで多くの方が盛り上がっているところですが、 僕は通常運転です。だいたい同じ時刻に寝て、同じ時刻に起きました。 翌日の仕事に支障をきたしたり、体調を崩したりするくらいなら、 生放送の試合を観ようと思いません。 でも結果は気…

教務としてできたこと。できなかったこと

教務としてある大きな仕事をしました。 これまでの積み重ねがあってこそ、だと思っています。 一方でできなかったこともありました。 「もっと早くから手を打てていれば・・・」 分かっていたのに、できなかった。後悔ばかりが残ります。 人間、残念ながら問…

ずっと欲しかったものを買いました

ずっと、ずっと欲しかったものを買いました。 イスです。自分の作業机用のイス。 オフィスチェア界では有名になりつつある「cofo chair」を買いました。 【 COFO Chair Pro 】[国内リラクゼーションブランド発 オフィスチェア ]最大125度リクライニング デ…

夢を持つ。夢を語る。

夢を持つ、夢を語る。 65歳をこえる元先生が、こう話していました。 ニコニコしながら語るその言葉は、本心からの言葉なんだろうな、と思います。 この方とは、以前、一緒に働かせていただきました。 定年退職の時、子どもたちへの挨拶も同じことを話してい…

我が愛すべき音楽

心躍る音楽。 いろんなジャンルの音楽があるだろうけど、僕は吹奏楽やマーチング、オーケストラが好き。 YouTubeを見ていると時々、僕の好みの音楽が見つかる。 ついつい、聞き込んでしまう。 www.youtube.com そういえば、小学生の頃、マリンバ奏者の発表会…

気持ちよく働き続けるコツ

みなさんは、毎日気持ちよく働き続けるコツってありますか。 教員という仕事の特性上、感情に振り回されてしまい、余裕をなくすことがあります。余裕をなくした結果、子どもたちに影響を及ぼします。だから僕はなるべく、感情の起伏を少なくして、淡々と過ご…

努力してニコニコしているワケ

行事が終わり、授業や学級経営に専念できると意気込んでスタートした月曜日。終わってみれば、身も心もボッロボロ。サウナ行ってたくさん寝たら、少しは回復。でもまだ「何もしたくない」って感じ。 僕の弱点は余裕をなくすと、ピリピリすること。僕がピリピ…

教員の働き方改革

教員の「働き方改革」のことをよく聞くようになりました。 いろんな案を聞きますが、だいたい「改善」レベルで、 「改革」とまでするのは、無理だなと思っています。 理由は3つです。 ・教員の「大事だから」「子どものために」でやめられない ・校長の考え…

誰かに期待しない生き方

上司がわかってくれない 同僚がわかってくれない そんなことを思うことってありますか。 このように思うのって、「誰かがわかってくれる」という期待がどこかにあるからだと思います。しかし、自分が望むように人は動いてくれない。むしろ、期待を裏切るよう…

少年よ、大志を抱け

予め予告しておきます。自分のためだけに書くので、読んでも意味のわからない記事になります。あしからず。 18歳の少年は、「夢を語る自分」でいたかった。 夢を追うことが、人生の目的になっていた。 でもそれでよかった。そんな自分を好きになれたから。 …

終わった、自由だ。

大きな行事が一つ終わりました。 達成感はありました。 でも、そこにかけた時間と労力は相当なものでした。 今回の行事を通してはっきり分かりました。 今の私は行事があると、落ち着いて学級経営ができなくなるし、 授業に注力できなくなります。 そうする…

学校の先生らしいよね

学習発表会という行事がありました。 それぞれの学年ごとに、合奏、歌、劇などを発表する行事です。 春の運動会、秋の学習発表会というように、1年間の中で大きな行事でもあると思います。 コロナを機に、多くの学校では中止していましたが、私の勤める学校…

行事をどう捉えるか

運動会、学習発表会をはじめ小学校にはいくつかの行事があります。 コロナの影響でなくなったり、簡素化されたりしたものもありますが、 コロナ以前の状態に戻りつつあるように思います。 行事それぞれ目的があって、終えた後はそれなりの成果があると思いま…

検証と実践

子どもたちと日々過ごしながら、 なぜ、この子はこのような言動をするのか。 なぜ、この子「たち」はこのような言動をするのか。 そんなことをよく考えています。 ・子どもだからそんなもんか。 ・まだ未熟だから、そうするのか。 ・この子の個性か ・発達障…