GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

たかがそうじ されどそうじ

3学期はそうじに力を入れようと思っています。

卒業前になぜ掃除?と思う子もいるかもしれませんが、

この3学期だからこそできることだと、昨年わかりました。

 

学級が成長してくると、「自主的に活動する」ことへ楽しさを感じるようになると同時に、あいまいな枠でも活動できるようになると私は感じています。

つまり、「掃除担当場所」を細かく決めなくても掃除は成り立つということです。

 

多くの先生たちは、掃除担当場所を先生が決めたり、班ごとで決めたり、名札で決めたりします。つまり「受け身」です。だからどうしても「自分から進んで選んだ」という思いを子どもたちはもっていません。

 

これを「子どもたちが掃除場所を選ぶ」ようにしました。

不思議なことに、楽な場所を選ぼうとする子はほぼいません。「自分が頑張る所」を選んだ子がほとんどです。だからやる気も違います。工夫しようとします。

すると掃除が一気に楽しくなります。

子どもたちの表情ですぐにわかります。

 

教室掃除は明らかにきれいになっていました。

びっくりして声を出してしまったほどです。

 

そうじを頑張れるって、他のなんでも頑張れる気がするんですよね。

普通嫌だなと思うことを、楽しめるようになったら、よいと思います。

 

さて、これも継続することが何より大切でしょう。

昨年は十分これで3学期終わりまでいけました。