おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

ちょっと無理矢理に

今日は、朝から思いきり挨拶をしたり、声をかけてみたりしました。なんか、子どもたちは、「今日の先生なんか元気だぞ?」と思ったのか、感じたのか、元気よく返事をしてくれました。

 

体調が悪かったので、省エネ状態だった自分にとっては、頑張ってみてやったことなんですが、ふと、体調悪くなる前からこのくらい元気よくしてたったけ?と思ってしまいました。

 

子どもたちの前で、無理矢理でも元気よくしてなかったかもしれません。なぜなら、先生が元気だったら、子どもたちもパッと明るくなる。

いろんな物事がスムーズに進む。こんな当たり前のようで、大事なことを私は忘れかけていたのかもしれません。

 

元気な先生でいることも、小学校1年生担任の資質なんだと改めて思いました。

 

他にも、子どもたちがすることに「まあいいか」くらいに思えること、丁寧すぎるのではないか、と思うくらい一つずつ、説明したりすること。わかっていない子がいることを想定して、「話を聞いて理解している」という思い込みを捨てることなど、も大事だと思います。

 

まあこれは一年生に限ったことではないんでしょうけどね。でも一年生だからこそ、はっきりしてしまうから、今まで気づいてなかったと思います。

 

ああ、こんな当たり前のようなことを振り返っている時点で、教師何年目よ、といいたくなるんですが、本当に私は、これくらいのレベルだし、こうしないと変われないんです。

毎日、毎日、自分の成長をふりかえって、次に生かす。私も子どもたちと一緒です。