おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

成長

今日は、子どもたちの成長を強く、強く実感した日でした。

もうなんか、私の存在はいらなくなったな、と思いました。

子どもたちが話しあっている姿を見て強く思いました。

 

低学年だからこそできたのかもしれない。

この子達だからこそできたのかもしれない。

持ち上がり学年だからこそできたのかもしれない。

 

でも、目の前の子達は間違いなく、成長したと思います。

私が「こうしたいんだ」というクラスではなくて、

子どもたちが「こうありたいんだ」というクラスになったと思います。

 

そして、「自分、少し変われたかも」という実感もあります。

 

子どもたちに対する関わり方

子どもたちへの言葉かけの仕方

子どもたちへの見守り方

 

今までだったら意識してもできなかったことや

意識してなかったら全然だめってことだらけだったけど、

なんかちょっと変われた気がします。

 

2年前、1年前、半年前、1ヶ月前・・・

その時の自分とは違うように思います。

 

今までしっくりこなかったのですが、

「子どもから学ぶ」ということが少しわかった気がします。

 

去年の今頃は、「みんなごめんね」と思っていたけど、

今年は「みんなありがとうね」と言えそうです。

 

 

先日、畑に植えていた大根をぬきました。子どもたち、大盛り上がり。

立派な大根を見て「え、学校の畑でもこんなに太くなるの?」と驚きました。

雑草ぬきとか水やりとか、割りと大雑把な世話しかしていなかったのに、こんなに大きく成長するなんて。

大根の成長する力を感じました。

 

 

大根を例えにするのは、的外れかもしれませんが、

子どもたち、私があれこれと手をかけなくても、ぐんぐん成長していきました。

仲間たちと共に話し合う姿、太い大根のように、たくましさを感じます。

 

 

私の役目もあと少しで終わりです。