GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

スタート

今日は久しぶりに子どもたちと一日過ごしました。一言で表すと「おだやかな」一日でした。

久しぶりの算数の『学び合い』
私が中休みから教室に戻るとチャイムの鳴る前に子どもたちは席についていました。
「もうあいさつすませました!」と言います。
「へーすごいねぇ。でも先生も置いてかないでね〜」と言ってひと笑い。

予習してきている子も結構いて、やる気が伝わってきました。

どの子も積極的に動いて、話して、関わって、教師の私が心配になることもありません。

課題が終わった後、
「今日の『学び合い』どうだった?」と聞くと、
「久しぶりで頭を使った感じ」
「楽しかった」
「頑張れた」
という声がありました。

アクティブな学習だからこそ、知的に楽しいんでしょうね。そんな感じがしました。

3学期は掃除当番や係活動の一人一役をなくして、自主的に取り組ませてみました。なかなか好調です。今後はこの取り組みの様子もブログに書いていきたいと思います。


ちなみに、教師にとって必要なことの一つに「余裕」があると思います。「余裕」があれば、子どもたちへの関わり方も変わります。
物忘れだったり、トラブルがあったりしても
動じないし、子どもに冗談を言って笑うこともできます。いかに「余裕」をうむか、「余裕」を作るか、意識しておきたいとおもいます。