GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

最後の懇談会

今日は、最後の懇談会がありました。

 

懇談会では、かなり多くの方に出席して頂きました。

 

最後の懇談会は、一人のひとりの保護者の方に、お話して頂き、その後私から子どもたちのことを一言ずつお話しするのが、私の中の決まりです。

 

まずは、一年間の感謝の言葉を述べました。

保護者の方が「見守ってくれた」からこそ、私は『学び合い』を続けることができました。保護者の方が「支えてくれた」からこそ、私は『学び合い』を進歩させることができました。自分の家庭も両立することができたのも保護者の方のおかげです。

 

保護者の方から『学び合い』がいかによかったか話してもらいました。

 

子どもたちがたくさんの友達に囲まれていると感じた。

勉強が分かるようになった。

自分で考えて行動するようになった。

毎日学校が楽しくなった。

 

どの保護者の方も子どもたちの成長を、クラスのよさを話して頂きました。

中には『学び合い』を学校に広めてほしい。と言う保護者の方もいました。

 

職場を大きく変えること、先生たちを変えることはできません。

子どもたちと保護者の方の応援があるので、できそうな気がします。

少しずつ、『学び合い』を広めていきたいです。

 

また、ある男性の保護者の方からは

 

『学び合い』は自分の課題を見つけ、それを解決するためあらゆる方法を駆使し、そしてそれを発信する。大人でもなかなか難しいことでもやり遂げていることは、本当にすごい。大人になって必要な基礎を作っていっていることが伝わりました。

 

という意見がありました。

このクラスの姿を見て、そこまで感じるのかと驚きました。

 

そして、先生のように少数派であることを自覚し、フロンティアであることの風当りが強い中、自分の方法を貫こうとしていることを応援したいといわれました。

 

とても勇気づけられる言葉でした。涙が出そうでした。

 

まだまだ私、頑張れそうです。