GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

語りは伝わったかな

今日は2度グループづくりを行いました。

 『学び合い』ではそういうことは行いませんが、修学旅行ではグループ行動があるので、それを見越してです。

 

「グループを作ってね」と子どもたちにいうと、仲良しグループを作りたがります。まあ、そりゃそうでしょう。大人だって、私だって、気の合う人と組みますよ。

 

そこで、「目標を達成できるグループを作ってね」ということを伝えました。

 

国語や総合だったら、調べたいテーマが共通して、考えを深められるグループ。

 

体育だったら、よりよいゲームを行うことのできるグループ。

 

1回目の国語ではあまりうまくいきませんでした。時間もかかったし、もめていました。

しばらく見守りました。この子たちに必要な経験だと思って。

 

2回目の体育はわりとスムーズに行きました。「誰と同じグループになってもいいや」という思いを持っている子がいたからだと思います。

 

 

この「誰とでもいいや」というのは、

『学び合い』だからこそできる感覚です。

『学び合い』では、そう仲良くない子と関わる機会が増えます。その繰り返しで、「まあそこそこみんなと関わる」ことを経験します。

 

おそらくこの経験がグループ作りの時にプラスになったのでしょう。その後の活動でも、どの子も楽しんでいました。

 

なんだかんだ仲良くやれるんだなあ、この子たち。ちゃんといい関係築いてきてたんだなあ、と思えました。

 

でもやはり、固定化したグループはトラブルの要因だと思います。教師の都合でグループづくりをするのはやはり危険です。

 

短時間の間に固定化があっても、

その時間が過ぎたら解放される

 

大人でもそれがないと耐えられないですよね。

子どもたちもそうだと思います。

 

 修学旅行とか、自然教室とか当たり前のようにグループ行動ですが、それに疑う余地がないことが残念です。

 

 

兎にも角にも

今日は、子どもへの語りが自分自身を高めてくれるような気がしました。