GTOのブログ『学び合い』

福岡の小学校で『学び合い』を実践しています。

本音

昨日は、一年生の担任が最後の日でした。

 

子どもたちが用意してくれたサプライズプレゼント(実はバレバレ)には感動しました。こんなことをしようと思ってくれたこと、自分たちで何かをしようとしたこと。この成長がとても嬉しく思いました。

 

保護者の方も何人か来てくださり、寄せ書きのプレゼントを頂きました。

卒業生の担任でもないのに、こんなことまでしてもらって、本当に有難い限りです。

 

 

昨日は、子どもたちの前で不覚にも涙がでました。

「先生は、みんなに謝りたいです。本当はみんなことが大好きだったのに、

その気持ちを言葉にすることができませんでした。いつも注意とお説教ばっかり。本当にごめんね。そんなことしているのがとても嫌だったけど、みんながそれでも笑顔で「先生」って呼んでくれるのがとても嬉しかったよ。ありがとう」

 

ずっとずっと思い続けて、悩み続けて、何とかしたいといろいろ試していて、

一年間の終わりになってまで、納得できなくて、その申し訳なさがこみあげてきました。たぶん、子どもたちは何で私が泣いているのかわからなかったでしょう。なにせ、自分自身の都合で泣いているんですから。

 

その後、子どもたちからもらったお手紙にこう書いてありました。

「先生は小学校はじめての先生です。みんなは先生のことがだいすきです。」

ああもうこれは、子どもたちに気持ちを伝える最後のチャンスだと思いました。

 

その後、子どもたち一人ひとりに、子どもたちのよいところ、頑張っていたこと、

お礼をいいたいこと、頑張ってほしいことなどを話しました。もしかしたら、一年間でここまで気持ちをこめて一人ひとりと話したのは、最初で最後かもしれません。

 

話しながら子どもたちの表情をみながら、子どもたちのことがとても、とても可愛いなと思いました。みんなそれぞれよさがあって、個性があって、表現の仕方がちがって「ああ、自分は本当にこの子たちのことが好きだったんだ」と実感しました。

ずっとずっと表現できなかった、自分の本当の気持ちだと知りました。

 

なんて自分は不器用なんだろう。

こんなに簡単なことなのに。ずっとできなかった。

素直な気持ちを言葉にする。

一年間の最後に実現することができました。

子どもたちに私が成長させてもらうことができました。

 

教師として、大人として、人間として成長するって、大変だけど

できるもんだなあと思いました。