おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

伝え続けてきたこと

f:id:f-manabiai:20210324054505j:image

 

転勤が決まり、子どもたちとお別れをすることになりました。

今年度は、1・2年生の時に担任をした子たちに理科の授業で関わることになったので、最後の授業で、一言お話をさせて頂くことになりました。担任の先生ではないから、さっぱり終ろうか、改めて気持ちを伝えようかいろいろと迷っていた末、1・2年生の時に出していた手書きのお便りを書いてわたすことにしました。「りか先生つうしん」です。1年生の時は「おに先生つうしん」2年生の時は「ミッキー先生つうしん」でした。私が担任をした子たちは、このお便りを見て「おお〜」と懐かしがっていました。

 

お便りをわたして、それを読んで終わり・・・と思っていたらなんと担任の先生からのサプライズ×3。子どもたちからのビデオメッセージを頂きました。あんまり涙するタイプではないですが、さすがに堪えられませんでした。いろいろな思い出や「想い」が蘇ってきました。「みんな成長したね」という「嬉しい想い」です。それを3回もさせて頂きました。

 

今年度、学級担任として子どもたちに関わることがなかった分、「さっぱり」とお別れすることになるのかな、と思って少し寂しい気持ちにもなっていましたが、もう十分すぎるくらい満足しました。もう心残りはありません。

 

たまたまですが、私が以前担任をしていた子の保護者の方が、わたしの「りか先生つうしん」をInstagramにアップしているのを見かけました。その方は、外国の方で、日本に来て初めての先生が私。私としては普通に関わっていたつもりでしたが、その保護者の方にとっては、印象深い先生だったようで、感謝の気持ちがたくさん添えられていました。もしかしたら、同じように私のことを思い出している方もいるかもしれませんし、なんとも思っていない、または「このやろう」と思っている方もしるかもしれません。

 

いずれにしても、自分が6年間やってきたことに自信を持って去りたいと思います。

最後は多く語りたいところですが、それはグッと自分の心の中だけで大事にして、さっぱりと爽やかに去りたいなと思います。