GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

保健室

私の勤める学校の保健室の先生は本当にすごい、いつも思います。

 

子どもが病気だったり、ケガだったりしてお世話になるのはもちろんですが、

それ以外の面でもいつもお世話になっています。

そしてそれは私だけでなく、全教職員と子どもたちにもです。

 

子どもが病気だったり、ケガだったり、突発的にいろいろ起こるわけですが、

その時の対応が的確で、安心できます。

担任の代わりに電話も入れてくださいます。

実は、担任が電話するより、養護教諭が先に電話したほうが、保護者が安心すると私は考えているので、とても有り難いです。

 

そして、子どもの成長を素直に受け入れてくれます。

「え?ほかの先生は受け入れてくれないの?」と突っ込みを入れられそうですが

意外と職員室って、子どもの成長を喜ぶ話ってしようと思わないとなかなかしないし、

一人でしゃべりまくっても「自分のクラスっていいですよ」って自慢しているようにしか聞こえないと思ってるので、控えています。

 

だから保健室で何となく話をすると、とても喜んでくださるので、ついつい報告してしまう、、、まさに子どものような私。。。

 

『学び合い』のこと、自分のクラスのこと、子どもたちのこと…

それを受け入れてくださる方を少しずつ少しずつ求めて、ゆっくり頑張っています。