おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

学校の先生らしいよね

学習発表会という行事がありました。

それぞれの学年ごとに、合奏、歌、劇などを発表する行事です。

春の運動会、秋の学習発表会というように、1年間の中で大きな行事でもあると思います。

 

コロナを機に、多くの学校では中止していましたが、私の勤める学校では復活しました。

まだ中止し続けている学校、もう辞めた学校もあるようです。

 

さて、この行事は、先生たちの「個性」が、色濃く現れる行事だと思います。

音楽が好きな先生がいる学年は、音楽に熱が入るし、

演技に熱が入る先生、こだわりのある劇をする先生などなど、

発表を見れば、すぐにそれが分かります。

 

私はそれを見るのが好きです。

 

働き方改革と言われ、いろいろなことを削減してこう、変えていこうとする流れが

今の学校現場にはあります。もちろんそれは大事です。

 

しかし、先生たちの「こだわり」とか「個性」とかまで改革したり、削減するのは

もったいないなと思います。時間も労力もかかりますが、一つ何かを子どもたちと作り上げていくことは、学校の先生としての魅力なのではないかと思うからです。

 

私も音楽の指導をずっと続けてきたので、この行事だけは力が入ります。

子どもたちには「付き合ってもらっている」という認識を持ちつつ、

「引っ張っていく」ことをこの行事に限ってはやります。

 

土曜授業日。今日は保護者向けの発表です。

せっかくだから楽しんでいきたい、そう思います。