GTOのブログ 『学び合い』で楽しい学校生活

小学校で二重かぎカッコの『学び合い』を実践しています。

温かい気持ち

f:id:f-manabiai:20160218220112j:image

私のクラスは毎週木曜日の朝の時間、日記を書いています。

 

・子どもたちのことを知るため

・作文力をつけるため

・金曜日のお便りに載せ、保護者に我が子やクラスの子どものことを知ってもらうため

 

です。

最初は全然書けない子もいました。

1行という子もいました。今ではすらすら書いています。

もちろん、もともとたくさん書く子がさらに書けるようになって、10分でノート1ページ書くようにもなりました。

子どもによって様々でよいと思っています。

短い中にもキラリと光る言葉ってありますからね。

 

さて、今日は「最後の日」という題で日記を書かせてみました。

昨日語ったことを子どもたちがどうとらえているのか、知りたかったからです。

時間が来たあと、一人ひとりの日記を読みました。

長さはいろいろですが、子どもたち一人ひとりの個性とか考えていることが

見えてとてもよかったです。

そして、自分の想像していたより、私の話に共感してくれてるんだなと感じました。

そりゃまあそうですよね。一年間一緒に生活してきたんですから。

 

中にはとても心に残る言葉を書いている子がいました。

「みんなえがおで、楽しかったね!って最後の日をむかえたいな」

「残りの時間、クラスをよくするために、少しでもできることをしたいです」

「最後はテストでみんな100点とりたいです!」

 

そんなこと考えていたんだー。

というより成長したよなあ。

温かい気持ちになりました。

 

 

明日の朝は、お便りにそのような日記を載せて、子どもたちに話したいと思います。

この温かい気持ちが伝わるといいなあ。