おに先生のブログ 〜自分らしくって何やろうね〜

福岡の小学校の先生です。出来事や自分の気持ちを淡々と書いていきます。『学び合い』も時々

天気の子

f:id:f-manabiai:20190719225043j:image

今日公開の「天気の子」を観ました。

 

以下ネタバレありの感想を

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはリアル➕ちょっとファンタジーが好きなだけど、

この映画は、ファンタジー色が強いながらも、リアルもがっつり入っているので、なんか違和感を感じてしまった。「拳銃」「警察」「ラブホ」「家出」「孤児」「バイト」あたりは、リアルなので、それをぶっ飛ばしちゃうと「え、その設定あり?」みたいに思えてしまう。「警察から脱走しすぎでしょう」「犯罪じゃん・・・」

って気になる。なんか、そういうところで見ていて冷めてしまった。

 

この映画のテーマはなんなんだろうか。「異常気象なんて言っているけど、異常なんてない。それは人間が勝手に決めたこと」「世界がどうなろうとも、大事なことを目指したい」「晴れの日は、人の心をよくする」なんてことなのかな・・・。いまいち言葉にしにくい。

 

とはいえ、絵は綺麗で、音楽もとても聴きごごちいい。

アニメだけど、ぶっ飛んだ動き方をするわけでもないし、スーパーマンでもない。

そこは、とてもいいなと思う。

 

新開誠さんは、やっぱり「都会」(東京)「高校生」ってのが好きなのか、それが人々の心に届くと考えているのか・・・やっぱり多いよね。自分は東京ってやっぱり遠いところだから、あんまり親近感ないけれど、「高校生」っていうあのなんとも言えない純粋さみたいなのは、心動かされるなあと思う。

 

なんかもうちょっとましなことをかけたらよかったんだろうけど、これが限界。

もう少し映画のことを振り返りながら、考えてみようと思うけど、個人的には「君の名は」はよくできていたと思います。