おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

信頼関係

保護者に連絡帳を書いたり、電話をしたりするのって、やっぱり緊張します。

事故があったり、ケガしたり、ケンカしたり・・・このような事実を伝える系の連絡ならまだよいのですが、

「なんか気になるなあ」という内容は、とても伝えにくい。

一歩間違えば、不信感をもたれたり反感をもたれたりすることもあります。

過去私も何度も失敗してきました。

 

そりゃそうだ、あんまり信頼もしていない若造に、

「あなたのお子さんは・・・」なんていわれても、

「なんであんたに言われなきゃいけないんだ」

と思うでしょう。

 

だから、「なんか気になるなあ」を伝えるためには、保護者と信頼関係をつくる・・・

なんてことはいくらでも言われていることなんですけどね

難しいんだよなあ。

だって、自分の方がほぼ年下なんだし。

子育て経験も少ないんだし。

 

だから、「なんか気になるなあ」って子の保護者には、

少しずつ話をするようにしています。

学級通信、懇談会、電話、連絡帳などを通じて。

でもやっぱり私って、焦ってぶっこんじゃう時あるんですよね。

本当に申し訳ないです。

でも言い訳させてもらうと「本気でなんとかしたい」と思っているんですよね。

それが自分の力だけでなんとかできないこと、保護者の協力、次の担任の理解も必要ならなおさら。

 

今日も何件か連絡帳をいただきました。

見るたびにホッとします。

私の文面に嫌な思いをしなかっただろうか・・・とか色々思ってしまうので。

「いや、そんなつもりは・・・」なんて言っても

文章はそのまま伝わりますからね。発信するならそれだけ責任を持たないといけない。

もしかしたら、このブログもその練習の一つなのかもしれないです。