おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

子どもに学ぶ

「子どもに学ぶ」

 

そういう言葉を今までに聞いたことが何度もありました。

実は内心「綺麗事」と思っていました。

「教える身の自分がいったい子どもから何を学ぶのか?」

そんな気持ちがどこかにあったんだと思います。

 

教師になった当初は「子どもから学ぶ」ということよりも、

「子どもにどう教えるか」ばかり考えていました。

 

でも今になって少しずつ思います。

実ははじめから私は「子どもに学ぶ」をしていたということを。

 

授業をどうしようか考える時に真っ先に思うのが「子どもたちはこれでわかるのか」だと思います。

これはまさに「子どもに学ぶ」をしているからこそ、試行錯誤していたんだと思います。

ただ、当時はそんなことを考えもしなかったですがね・・・

 

 

まもなく低学年担任の2年間が終わります。

自分の器の小ささ

自分が目指したい教師像とのギャップ

そして多様な子どもたち・・・

そういったことに日々悩み考えつづけてきました。

 

この2年間で、本当に微々たることですが、私自身で変わったなと思うことがあります。それは

「まあいいっか、この子らしくいれば」と思えるようになったこと。

 

これは「子どもに学ぶ」ということを2年間し続けたからこそ、思えるようになったことだと思います。

それまではどんなに意識しても、直そうとしても「指導しなければ」と思ったり、イライラしていました。

今では笑って「ははは、わかんなかったかー」「あれーどうしたの?」と言えます。

 

こんなこと、多くの先生なら当たり前にしていることなんでしょうけど、

私にはとてつもない成長だと思います。そして少しですが、自信がつきました。

「少し先生らしくなれたかな・・・」って。

 

もしかしたら、私が教師を続けているのって、自分自身を変えたいと思っているからなのかな、と思います。

子どもと触れ合い、子どもに合わせて自分が変わっていく、そういうことに価値を見出しているのかもしれません。

 

いったいほかの方々は何を考えて、教師を続けているんだろう。

ちょっと話してみたいなと思いました。