おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

基礎学力ってさ

「基礎学力」ってなんなのよ。

ここ数年、そういう資料が配られるたびに思う。

で、見てみると「計算、漢字、音読」とくる。

 

ほほお。では、計算と漢字ができれば、「学力」は向上するのね。

作文かけるのね。

話したり聞いたりできるのね。

立体とか、作図とかできるのね。

文章の読解ができるのね。

 

計算はできないけど、すごいいい発想の子いるよ?

計算はできるけど、やるきない子いるよ?

漢字できても、作文書けないこいるよ?

ひらがなばっかりだけど、ちゃんと説明できる子いるよ?

 

じゃあ「基礎」ってなんなのさ。

もうそこで思考が停止してしまっている。

 

だから、もう一度みんなで考え直さないといけないと思いますよ。

 

ちなみ私は、「基礎学力」とやらは「勉強しようとするやる気」と「文章または言葉で表現する力」だと考えています。学校で「評価」するものって、書いてくれないと評価しようもないものばっかりですからね。