おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

「親になる」連休

f:id:f-manabiai:20210503125759j:image

 

私の妻は、毎年連休が仕事なので、私が一日中子どもと過ごす日が続きます。

普段から子育てに関わっていないわけではないのですが、

「一日中」というのは結構慣れないものです。

「どこにでかけよう」「何をしよう」とか色々考えてしまいます。

 

一昨年は、息子と一緒に電車に乗ってでかけました。

f:id:f-manabiai:20210503130754p:plain

自分の地元に連れていきました。

自分が幼少期に育った場所に息子と一緒にいるなんて、不思議な気がしました。

以前住んでいた家から駅までは結構な距離がありますが、しっかり歩いてくれて驚きました。

 

平日の日中は保育園に預けているので、息子と顔を合わせるのも朝と夜だけ。

土日休日は妻がいるので、1日中ずっと過ごすこともない。

さらに日々仕事のことばかり考えている私は、

まともに息子と向かい合っていなかったんだろうな、と思いました。

だから、私にとって連休にずっと息子と過ごすことは、

改めて「親になる」時なのかもしれません。

 

この時からもう2年経ちました。

息子はだいぶ手がかからなくなりました。

自転車に乗るし、絵や文字を書けるようになりました。

 

f:id:f-manabiai:20210503134001j:plain

 

息子の成長の過程にいなかったわけではないですが、1ヶ月前、半年前、一年前・・・

あの時の息子は、もういません。成長は嬉しいものですが、なんだか寂しい気がします。

 

今は、下の娘がいるので、2人がいる連休です。

 目が離せないし、2人連れてどこかに行くといくと神経使います。

家にいるだけでは、時間が経つのがすごく遅くて、落ち着きつきません。

 

ただ、2年前の写真を見た時に、改めて思いました。

今目の前にいる子たちの「親になる」のは「今だけしかできない」と。

連休に感じたことをこれからも心に留めておきたいです。