おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

お遊戯会

SNSの魔力、「いいね」を気にしてしまうわけですが、最近気にせずに発信できるように

なってきました。「インスタ」さんのおかげです。あれはいいですね、写真だからいいねがつきやすい。

 

で、今日はいくつか思いついたことをつぶやきたいと思います。140文字という制限がうっとおしい。

 

「つぶやき1」

 

運動会。

なんか延期になったそうですね。

へえ、延期・・・。

 

 

もう、しなくていいじゃん。

 

 

そもそも熱中症の心配が叫ばれて、やっと午前中になった行事でしょ。

あとになればなるほど、気温あがるし、雨も振りやすい。

 

 

親が楽しみにしているから・・・

子どもたちにとって行事が大事だから・・・

 

なんかそんな声が聞こえてくるんですよね。

 

 

へえ、本当にそうなの?

 

聞いてみた?本音を。

 

 

先生たちが決めたダンスをそのままさせている表現

先生たちが決めたよくわからないゲームをさせている競遊

走るのが遅い子は、何もいいことないかけっこ・リレー

 

 

そりゃあ、親たちは楽しみにしますよ。自分たちが子どもの頃やったことだから。

我が子が踊っているのを「かわいい」とか言ってビデオに撮りますよ。

 

でもねえ、よく考えてみてくださいよ。ぜーんぶ、子どもの意見なんてない。

子どもを見せものにして、大人が喜んでいるだけ。お遊戯会じゃん。

 

そんなものを、

暑い中、熱中症対策をしながら、

マスクをして、感染対策をしながら

そんなやらされるだけの行事って、する意味ありますか。

結構多くの子が、大人に付き合っているだけじゃないですか?

 

もう完全に目的を見失っているよね。

 

改めて見直しましょうよ。

何のためにやるの、って。

子どもたち目線で、それもすべての子たちにとって。

 

ちゃんと説明していったら、親たちも理解してくれるんじゃないですか。

学校のスタンスをはっきり説明しないから、みんなそれに流されていっているんじゃないの。

 

 

もう、今年度も今までどおりにはいかないんですよ。

そんなに親に子どもの様子を見せたいなら、オンライン配信するか、動画にして見せたらいいじゃん。リスクあり過ぎのまま、強行するほどの価値のある行事ではないよ、運動会。