おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

学校の先生ってやっぱり大変だよ

学校の先生が、他の業種に比べて離職率が低いって話を聞いたけど、

それってただ単に「辞めないような人」が多いだけなんじゃないかなって思う。

 

僕は十分他の業種よりも大変だと思う。

少なくとも、僕が知る限りの業種と比べて、だけど。

 

その中でも何が大変かというと、30人の子達を一日中相手しつつ、

授業をして、保護者対応して、研修して、校務分掌として・・・という

あまりにもマルチタスクすぎるところ。

 

一つ付け加えておけば、僕は子どもの力を借りるし、ある程度仕事の軽重をつけられるから

困ることはずいぶん減ったけど、やっぱり急に想定外なことがおこるのが、学校や教室。

ただのワガママかと思っていたら、本当に体調が悪かったりとか

たいした怪我じゃないとか思っていたら、骨が折れていたりとか、そんなことはよくあるし

子どもの悩みだけでなく、親の悩みまで聞かないといけない。

 

常に緊張状態にいるから、子どもたちに対していつも寛容でいられるわけでもなく、

時に思わぬことを言ってしまったり、何気なく言ったことが後からクレームになったりする。

 

今書いたことはすべて含めて「学校の教員の仕事」だから受け入れないといけないんだけど、

さらにこれに、仕事を増やしまくる文科省、教育委員会、管理職・・・とくるともう大変です。

 

もちろん、子どもの成長を見られることや「担任の先生」でいることは何にも変えられないやりがいになるし、それが「辞めない」理由の一つではないかと思います。

 

 

とはいえ、大変大変と言っても、すべてが認められるものかと言えばそうではなくて、

やっぱり教師とはいえども、常に学び続けないといけないし、自分のあり方を常に自問自答しないといけない。体罰とか暴言でニュースになる教員がよくいるけど、その予備軍なんて

ゴマンといると思う。そして、自分がその予備軍にいることに気づいていない。それは僕も入っていると思っている。いつのまにか傲慢になってしまう仕事でもあるんだ。

 

これらすべての「ベター」な解決方法は、『学び合い』しかないんだけど、なかなか簡単にはいかないのが今日この頃。今はじっと我慢するしかない。我慢しながらも、動く。それくらい元気になりました。