おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

【思い出】6年担任

久しぶりの投稿です。

先日、いつも通っているジムの受付に、昔担任をしていた子が勤めていました。

顔を見ただけですぐに気づき、声をかけると向こうも覚えていたようでした。

 

大した話はしませんでしたが、「働いている」という姿を見てなんだか嬉しくなりました。

ま、僕なんて小学校の1年間の担任ですから、もう過去の存在なんですけどね・・・。

 

このように担任をしていた子に出会うことって、時々あるわけですが

そのたびに、担任していた頃を思い出します。

 

出会った子を担任した頃は、はじめて6年生を持った時。

学年の中で一番若くて、子育てもしていなくて、やる気と体力に溢れていた時。

楽しくて、苦しくて、苦しくて、苦しくて、感動して、心残りだった6年担任

 

今、もう一度同じことをしろ、と言われても絶対にできないと思います。

真正面からぶつかって、くだけて、何度も立ち直って、くらいついて・・・

よくやったなと思うことばかりです。

 

ちょうど今の時期、修学旅行に行って帰ってきたあたりから、苦しい時期が続きました。

「子どもたちを信じれなかった」と言ってしまえば、それまでなのですが

信じようにも、目の前で起きる出来事を受け止めることができませんでした。

子どもたちに自分の考えを押し付けるつもりはなかったですが、結果的に押し付けることに

なってしまったと思います。

 

もっと腹割って話せばよかったのかな。

「こんなもんでいいや」と腹括っておけばよかったのかな。

 

あれから数年たった今でも「正解」は分かりません。

 

一ミリたりとも手を抜いたこともなかったし、

すべてに全力を尽くした上だったから、後悔はしようもありません。

卒業式、感動しました。

でも、「もっとできなかったのかな」「本当に自分なんかですいません」

という心残りは今でもあります。

 

そんな彼らも、社会に出て働き出す歳になっています。

僕のことなんて覚えてない人がほとんどでしょう。

僕がいくら心残りに思ったって、何の意味もないのかなと思います。

 

それよりも、あの時の思い出、そしてばったり出会える「つながり」が

あるだけでも、6年担任、いや教員の醍醐味なのかなと思います。