おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

教員の勤務日を伝える

運動会を日曜日に行えば、「土曜日にしてほしい」

土曜日に行えば「日曜日にしてほしい」と一部の保護者から意見が来るそうです。

 

また、授業参観を平日で行えば、「土日にしてほしい」とか

「兄弟学年をずらしてほしい」とか色々な意見が来るそうです。

 

片方の都合をとれば、片方の不都合になる。

すべてのニーズに応えることは不可能だろうなと思います。

 

最近はあまり聞かなくなりましたが、夕方19時くらいに電話がかかってきたり、

19時くらいに面談の希望を入れられたり、そんなこともあったそうです。

 

こういう話を聞くたびに「非常識だ」「教員を何だと思っているんだ」という声を聞きますが、私は最近こう思います。

 

保護者は教員の勤務日と勤務時間って知らないんじゃないの?

 

 

僕は今まで学校便り等で、教員の勤務日は平日の8:30-17:00までとお知らせしたものを

見たことがありません。しかし、どんなお店や企業にも「営業時間」が書いてあるのが普通で、その時間以外の対応はしない、というのは当たり前です。

 

こういうものを保護者に周知していくことで「先生たちも労働者で、勤務時間があるんだ」という認識を持ってもらうのではないか、と思います。そして、もっと自分たちの仕事のことを知ってもらう。そうすれば、「わざわざ日曜日にやってくれてるんだ」と思ってもらえるのではないかと思います。

 

あくまで私の個人的な見解です。あしからず