おに先生のブログ

小学校の先生のブログ 『学び合い』やってます

集団の中で大事になるのは結局・・・

夏頃、精神的に参っている時期がありました。

理由はハッキリしているのですが、ここでは詳しくは触れません。

 

根本的な解決には、職場を変えるしかないので、

考え方や行動を変えることで対応することにしました。

 

時間はかかりましたが、精神的には調子を取り戻しました。

根本解決にはならずとも、自分の考え方や行動を変えることで問題を薄くすることが

できたのはよかったと思います。

 

ただ、それ以降も気になる事案がいくつか起こるたびに

精神的な乱れが起き、ついには感情的になってしまうことがありました。

 

これは周りに影響を及ぼすことになってしまいました。とても反省しました。

ただ、功を奏したのが「なんか、あいつ困っているぞ」という認識を周りが持ったことです。

 

そして最近になって急に周りが理解を示してくれました。

ある出来事がきっかけでした。

「大変だったね、そりゃストレスたまるよ」と声をかけてもらいました。

もうすでに、対応の仕方には慣れていたし、感情的にならないようにしていたので、

そんなに困ってはいませんでしたが、周りが理解をしれくたことで

「スッキリ」しました。

 

このように周りが理解してくれたこと、一度だけ感情的になっても「なんかあいつ困っているぞ」と思われたことは、日々の僕の言動の影響ではないかと思います。もし僕が周りから非難されても当然の言動をしていたら誰も理解もしてくれないし、感情的になった時「なにやってんだあいつ」と呆れられていたでしょう。

 

話を聞く

挨拶をする

人を悪く言わない

手伝いを率先してする

 

このような行動だけでなく、

 

仕事の期限を守る

目の前の仕事(勉強)に対して努力する

 

ことも肝心だと思います。

 

もちろん、いつもこんなに理解をしてもらうことばかりではないです。

今回は運がいいというか、周りの方が素晴らしい方ばかりだからだと思います。

似たようなことがあった時に、相談をしても、向き合ってもらないこともありました。

 

 

いずれにしても「スッキリ」すれば、あとは自信を持って仕事をするだけです。

今まで気になっていたこともすべて流せます。「あーあ、またやっているよ」と言えます。

 

 

それにしても、どうして期限を守らないことを何とも思わなかったり、

仕事をしていないのに、人に偉そうな態度が取れるのでしょう。

僕には全く理解できません。

でも、世の中には僕には全く理解できない人もいるのは当然だし、

そのような方とも折り合いをつけていく必要はこれからもあるんだと思います。

 

 

さあ、残りあと少し、頑張るぞ。